税理士事務所の特徴


アパレル


アパレル業界・服屋・衣料品店向けの税理士事務所です

アパレル・服屋・衣料品屋・セレクトショップといっても扱い品種は多岐に渡ります。スーツ、タキシード、シャツ、ワイシャツ、コート、カットソー、Tシャツ、トレーナー、セーター、ジャケット、ズボン、スラックス、ジーンズ、スカート、パジャマ、着物、ワンピース、ドレス、スポーツ用品、帽子、ネクタイ、マフラー、手袋等挙げればキリがありません。
とはいうもののアパレル業界は激変の時代を迎えています。労働コストの低いアジア各国に生産拠点が移る傾向が強まる中で、国内消費は頭打ちの傾向にあります。
このようなアパレル業界の中で、中小の服屋・衣料品店は生き残っていかなければなりません。最近はインターネットの発達によってWEB経由での服屋・衣料品店が多く生まれてきており成功を収めているケースもあります。地元密着のアナログ形態で結果を出し続けている企業もあります。

我々はアパレル業界向けの税理士サービスを行ってきました。海外で製造を行うメーカー様、貿易業務を含んだ卸売業者様、中小の服屋・衣料品店様をいっぱい見てきました。 この経験の中で培ってきたノウハウをクライアント様に提供していくことで、総合的な経営支援を目指しています。

税理士業務をとはすこし離れてもクライアントの成功が我々の思いです。また、アパレル関連の消費拠点としても生産拠点としても重要である中国・上海に事務所を有しており、各種情報提供等で支援業務を行っています。

ファッション・服飾

売上計上に操作の余地あり!?

特に小売業界(衣料品店や服屋さん)に限ったことではありませんが、BtoCビジネスの多くは現金商売であり売上計上の正確性は企業のモラルに頼る部分が多いのも事実です。とくにアパレル業界は原価率が店の方針で大きく変わる業界です。
我々は正しい処理をいかに効率化するかに重きを置いて、「楽で分かりやすい会計処理」のご提案を継続して行っています。

アパレル業界の最近の実態について

最近のアパレル業界は法人設立ブームが起きているように感じます。仕入先を海外からの直輸入で行うケースが増えていること、インターネット販売割合が大きくなっていること、クレジットカード売上が激増していることから法人格の信頼性が営業上必要になってきていることが要因と思われます。
とはいえ、税金対策上も一定の規模を超えると法人化することでメリットが生まれることが多々あります。シュミレーションによって検討してみることが大事です。

会社設立手続サービスへ>>

国内経営環境について

アパレル業界は川上から川下まで業態も規模も多岐に渡りますが、国内消費減少及びインターネットの普及において激変していることは事実です。弊社グループは中国・上海において眼鏡事業のSPA(製造小売業)を行っており、類似形態であるアパレル業界に対しては強い興味を抱いています。
アパレルに携わる多くの事業者様の成功のために、弊社でご協力できることがあれば何でもお手伝いをしていきたいと考えています。

カットソー