税理士事務所の特徴


ケアマネ


ケアマネ・介護事業向けの税理士事務所として活動しています

ケアマネ事業・介護ビジネスはマクロ的には今後の日本でも需要が伸びる業界で将来有望とされます。しかし実務現場で活躍されておられる事業者様の感覚は必ずしも一致しません。 競合の激増、点数減点等の規制強化も相まって、経営環境は決して楽観できるものではありません。そんな中でいかにして運営していくかは永続的な課題ですね。

当税理士事務所は、ケアマネ・介護事業向けのサービス業務を行うことで、 専門ならではのノウハウを蓄積し、ケアマネ、介護事業の売上・利益の増大に貢献することを最大の目標にしています。

ケアマネージャー、介護サービス事業者の種類は本当に多岐に渡ります。指定居宅サービスの中には、訪問介護事業所、訪問入浴介護事業所、訪問看護事業所(訪問看護ステーション)、 訪問リハビリテーション事業所、通所介護事業所(デイサービス)、通所リハビリテーション事業所(デイケア)、短期入所生活介護事業所、短期入所療養介護事業所 小規模多機能型居宅介護事業所、認知症対応型共同生活介護事業所(グループホーム)、特定施設入居者生活介護事業者、福祉用具貸与事業所があります。
介護保険施設には、指定介護老人福祉施設、介護老人保健施設、指定介護療養型医療施設があります。

税金対策や適切な会計記帳は税理士事務所として当然の業務ですが、事業計画策定・融資サポート・経営支援等の付加価値業務にも注力しています。

ホームヘルパー

創業時に資金需要が必要になりやすい介護業界です

ケアマネージャー・介護事業事業では、保険収入が請求後の翌月末入金であること、どうしても最初からスタッフを雇用する必要があること、施設建設等を行えば多額のキャッシュが必要になること、等の観点から、創業時はどうしても資金繰りが厳しくなります。
そのため不動産会社様等のある程度資金能力の高い企業の新規参入が後を絶たないのですが、現場で経験を積まれた方の創業においては金融機関等からの借入も現実問題として検討しなければなりません。 弊社は各金融機関との太いネットワークを構築していますので、お役に立てる部分もあると思います。

ケアマネ業界・介護業界に強い税理士事務所です

日々多くの介護事業者様とお話させて頂く機会があります。年齢も経験も様々ですが、この業界は一度利用者をグリップできれば安定収入が見込める魅力的な業界でもあります。お金だけではなく、心からの介護精神も勿論必要ですが、安定したサービスを提供するためにも事業者様自身が安定しておく必要があります。弊社はそのお手伝いを行っています。


デイケア デイサービス


「人」が重要視される介護業界

ケアマネ事業を中心に介護事業の形態も実に様々です。その様々な事業形態の経営者とコミュニケーションを図るうちに、弊社内には色々なノウハウを自然に積んできています。このノウハウをクライアント様には自由に使って頂き、成功に繋げてほしいと祈念しています。


理学療法士(PT)