患者様のため、スタッフのための試み

<患者様のため、スタッフのための試み>


<スタッフ全員が名札を着用>
特に歯科医院では治療等との関係で顔が見えにくいケースが多いです。
そういうときでも名札をしていると患者様からは親近感が出ます。
またスタッフの心構えもぐっと引き締まりますので相乗効果が見込めます。




<スタッフ全員が名刺を持つ>
先生が名刺を持っている医院様は多いのですが、各スタッフが持っているケース
は意外に少ないかもしれません。
名刺を与えられたスタッフはちょっぴりモチベーションが上がったりしますし、
自分の名刺を渡した以上は、自覚も芽生え、退職率の低下に繋がった医院様もあるほど。
受け取った患者様は「なんて親切なんだ」と思うでしょう。

弊社は今まで日本全国数千社の名刺デザインを手がけてきていますので
この分野は得意でもあります。

日本では名刺交換はビジネスチックで改まった感がありますが、中国を含めて世界を
見渡せばもっとフランクです。気軽に「はいっ」と渡すぐらいの気持ちでも十分だと思います。




<スタッフの死角に意見箱を置く>
患者様からの意見を聞くための意見箱を設置している医院もあるのですが、スタッフから丸見えの
場所にあれば、日本人はなかなか投書しにくいです。
名刺の裏面にでも「ご意見は意見箱に入れてくださいね」と一言書いておきましょう。




<洗面所に使い捨ての歯ブラシと歯磨き粉と紙コップを用意する>
先生の口の中を見られる患者様には少なからずの抵抗感があります。
それを直前の歯磨きで取り除いてもらうためです。

衛生面のイメージを考えると、洗面所とトイレを分けておくほうがベターです。

治療前に歯磨きができる環境が整っているという印象を患者様に与えられるだけでも
配慮や気遣いの面でプラスに働くでしょう。




 

このページの先頭へ