親子向けの歯磨き教室の定期的な実施

<親子向けの歯磨き教室の定期的な実施>



最近は、歯科医院自らの主催で、休診日を利用して定期的に
「親子はみがき教室」イベントを行うケースが増えてきています。

歯科医師や歯科衛生士が講師となり、待合室等を利用して
歯磨きの方法について父母及び子供にレクチャーするというものです。




<メリット:医院スタッフの意識やモチベーションや責任感が高まる>
スタッフの企画・運営なので自ら考える必要性があります。
その患者様が子供連れで実際の診察に来たときに御礼等を言われると
例え無料教室でも「やってよかった」と思うことになります。



<メリット2:親が医院のファンになります>
人前で話をすると性格やキャラクターが隠さずに出るものです。
先生やスタッフとの距離感が縮まり、両親は医院のファンになることが多いです。
子供の歯の治療は勿論、自分の歯もお世話になりたいと思う可能性もあります。



<メリット3:医院のブランディング>
無料教室は公共性の高いイベントとして地域内で話題になる可能性があります。
地域マーケティングが重要な歯科医院にとってはかなり大きな優位性を持てます。


<参考>
親子3世代でお世話になっていますという患者さんが実は多かったりします。
これは単純に口コミ効果の賜物です。
口コミは人から人への伝達ですが、簡単には流れません。
信頼を受けている人から信頼している人へ口コミ情報は流れるのです。
その最たる例が、親から子へという口コミです。
親の言うことを信用しない子は稀です。
だからこそ親子グリップという概念は重要なのです。

 

このページの先頭へ