先生、スタッフとの意思疎通は万全ですか?

<先生、スタッフとの意思疎通は万全ですか?>


基本的に患者様は医院内では暇です。
時間があります。そして、不安もいっぱいです。
だから周囲の状況はいつもの何倍もの精度で感じています。



先生がスタッフに言った何気ない一言や、スタッフ間の何気ない会話、先生がスタッフに
どうやって接しているか等については、患者様は無意識のうちに感じ取っています。


そして、それが医院の評価に対する基本軸になるといっても過言ではありません。



「良い先生」は患者様にとってもそうですが、スタッフや同僚にとっても等しいもので
なければ意味がありません。



患者様に精一杯の丁寧さで接していても、スタッフに意味もなく厳しい言葉を発しているようでは
患者様も何かしらのマイナスを感じ取られるものです。

逆にいうと、スタッフとの関係が良好な医院様ほど、患者様との関係も良好なものです。



スタッフも医院マーケット内の地域住民の一人です。

地元スタッフが愛する医院はきっと地域のみんなから愛されるようになります。



毎日接しているといい面も悪い面も見えてしまいます。
それを全てひっくるめて良好な関係、スタッフにとって働きやすい環境を作り出すのは
歯科医師としてではなく、経営者としての先生の責務ではないかと思います。



<参考>
歯科医院の場合は、医師が男性でスタッフが女性というパターンの割合が高いのが特徴です。
スタッフ同士(女性同士)でコミュニケーション不足になった場合には先生が介入するのは
実は非常に難しいのです。
また、逆にスタッフ同士がコミュニケーションが十分すぎるがために、批判の矛先は先生に
向く場合もあります。
いずれにしても注意が必要です。

このページの先頭へ