先生、どんな名刺を持っていますか?

<先生、どんな名刺を持っていますか?>


先生方の多くは名刺を持っておられると思いますが、
どういうデザインで、どういうシーンで渡すのか、
気にしたことはありますか?



○名刺デザイン
 ほとんどの先生が意識されておられないかもしません。
 でも、名刺デザイン程、簡単に色んな情報を渡せるチャンスプレースはないのです。
 どういった事例があるのでしょうか?
 
 ◇最近では顔写真や似顔絵を入れて親近感を持たせています。
 ◇専門分野や住所は勿論、ショップカードのような雰囲気を持たせています。
 ◇高齢者の方が患者に多ければ記載事項はかなり大きくしています。
 ◇一言メッセージを書く欄を設けてもいます。
 ◇分かりやすい地図を裏面に入れています。
 ◇タクシーで来る人が多いなら、そのまま運転手に渡せるデザインにしています。
 ◇最寄り駅の時刻表をそのまま転記している名刺もあります。
 ◇子供にウケルようなロゴマークを作った先生もいらっしゃいます。
 ◇紹介を狙って「そのままお知り合いの方にお渡し下さい」と書いている先生もいます。

患者層やエリアによって変ってくるでしょうが
こだわりの名刺は一つ持っておかれてもいいと思います。




○名刺を渡すシーン
 先生の職業柄、名刺を渡すシーンは意識しなければ訪れません。
 ポイントは二つあります。
 
 ◇一つは初診患者の診療直後です。
 衛生上の問題をクリアしながら、チェアーの側で渡せるのが一番効果的だと思います。
 
 ◇受付に常設します。
 何か分からない患者様のために「ご自由にお取り下さいませ」と記載しておきましょう。
 
 





このページの先頭へ