患者様はすぐに忘れる!

<患者様はすぐに忘れる!>


患者様は本当に色んなことを忘れます。
○歯の痛み:痛みがとれればすっかり忘れます。
○次回予約:全く忘れてしまうことも。
○先生の説明:今回の治療内容、次回の治療内容を説明しても・・・・


こういった患者様に「忘れないで下さい」と言ってもあまり効果はありません。


「丁寧に親切に患者様に説明しよう」というコンセプトは
流行っている歯科医院の多くが実践していることでもあります。


しかし、「患者様は忘れる」という前提で、患者様の持ち帰り資料を用意している
医院はまだ多くはありません。

理由は簡単で、
会計のときにその資料を渡すためには資料作成のスピードを求められるからです。



<患者様持ち帰り資料の内容例>
○現在の歯の概況
○治療方針
○本日の治療内容
○次回の治療内容
○次回の予約日時

このあたりを独自フォームを作ってスピーディに入力している歯科医院様も登場しています。




これはかなり効果的だそうです。



なぜなら、医院の行為が全て文書化されるので、患者様は忘れようがありません。

しかも、例えば患者様が家族にそれを見せることも想像できます。
家族がそれを気に入ってくれれば家族全員が患者になってくれるかもしれません。

口コミ効果だけではありません。
持ち帰り資料という「個別のプレゼン資料」があるという強みがあります。


おそらくこれからは持ち帰り資料の充実を図る歯科医院様が増えてくると思います。



このページの先頭へ