業種別ホームページテンプレート

大阪の税理士事務所として本当に色々な業種の方々と接することがあります。今では本当に当たり前になったオフィシャルホームページという概念。我々は税理士事務所として大阪のクライアント様向けに無料でホームページを制作してまいりました。 数多くの実績の中からその基準となるテンプレートを作成し業種別に分けて無料配布しています。大阪はもとより全国の下記業界の方々のお役に少しでも立てれば幸いです。どうぞご自由にお取り下さい。

  1. バー
    日本の繁華街と呼ばれる地域には必ず存在する「バー」。そこでは色々な出会いがあり、人生があります。そんなバーの経営者向けに対してホームページ素材を用意しました。 シック・クール・温かさ等、色々なシチュエーションや希望を踏まえて製作しましたので是非ご利用下さい。
  2. 動物病院
    最近は日本を問わず、中国を含んだアジア各国でペットブームが起きています。そんなライフスタイルでもっとも必要とされるのが動物病院です。 飼い主にとってペットは家族の一員です。病気や怪我に対する心配は本当に人間への気持ちと変わりないのですから。近年は町の中に動物病院が増えてきました。 もっともっと繁栄されることを祈念して弊社からのささやかな贈り物です。
  3. 接骨院
    当初の私の接骨院のイメージというと、どうしても骨接ぎ屋さんというイメージでした。 骨折やひびが入った状態の怪我を切らずに治療する男のプロのイメージというところでしょうか。しかし最近はそうでもないようです。 現代病ともいえる腰痛や頭痛に対しても積極的に取り組む等、体の総合ケアを目指している接骨院様も増えているようです。
  4. 税理士
    会計事務所では昨今ホームページによる営業戦略の重要性が声高に唱えられている。会計事務所専用のホームページ制作会社も存在する程である。 それほどまでにインターネットの力が重要なのだ。税理士の平均年齢は60歳とも言われるがまだまだホームページやインターネットに疎い人が多いようである。 その点顧客基盤の弱い若手の人たちが多用することで先輩方に立ち向かう構図になっているようにも見えなくもない。
  5. クリーニング業
    クリーニングといえば地域密着、近所の人々の拠り所というイメージではあるがそれでもウェブサイトは重要と考えている企業が多いようである。 例えば特殊な洗浄方法により競争を勝ち上がろうとするクリーニング屋さんもあれば、価格勝負の会社もあり、また、サービス重視のパターンも存在する。 家庭用洗濯機の能力が高まっている今、それぐらい厳しい情勢なのだ。
  6. 行政書士
    昔の行政書士さんのイメージというと、割と年配のオジサン方が行う代書屋さんのイメージでしたが、今ではその業務は実に多岐に渡りますね。 会社設立代行や車庫証明はもちろんのこと、最近では外国人をターゲットにしたビザや在留資格におけるコンサルティング業務を行う行政書士さんも多くなってきています。 顧客を幅広く募集するためにもウェブサイトでの信頼性付与は必須なのかもしれませんね。
  7. 運転代行業
    一時はブームのように流行った運転代行業。都会はもとより地方でもかなりの需要があったものと思われます。 しかし、飲酒運転の法的規制の厳しさも多くの日本人が理解し始めると公共交通機関を利用する等によって運転代行を依頼する機会がめっきり減ってきたように思います。 一発ビジネスからリピートに繋げる意味でもホームページは重要かもしれませんね。
  8. 理容業
    いわゆる男の散髪というイメージですね。以前は価格も決まっていたような感じで、オジサン方がたむろしていたイメージがありますが、ここ最近は低価格の店も増え、 お洒落な男の子は美容院という選択肢も圧倒的な支持を得ており、理容院市場が急速に小さくなってきている感じがします。 その競争に勝ち残る意味でも、コストをかけないホームページ戦略は重要ですね。
  9. 美容業
    最近はちょっと歩けば美容院に当たるというほど数が多い印象があります。 ちょっとした駅前では派手な紙の色のお兄さんやお姉さんがビラを配ってたり、新聞の折込広告には毎日どこかの美容院のチラシが紛れていたり。 一人当たりの単価はそれなりの額にはなるけれど、でも、なかなか客が来なくて倒産しちゃったケースも多々あるとか。イメージがよくセンスのあるウェブサイトはお店の印象を大きく変えますね。
  10. 弁護士
    最難関の国家資格であり、司法試験合格者というとやはりワンランク上のステータスを保有できる、そんな印象が弁護士にはあります。 ほっておいても仕事が舞い込んできて、高いフィでゆっくりじっくり仕事をするというイメージ。 しかし、最近は弁護士数の激増も伴ってなかなか厳しい市場環境のようです。元来、揉め事が好きではない日本人にとって弁護士にお世話になるというのはある種特別なもの。 だからこそウェブサイトで安心感を醸し出すというのは一つのブランディングなのかもしれませんね。
  11. 保険代理店
    歩けばあたるといっても過言ではないぐらいに保険代理店は無数に存在します。 最近は外資系の生命保険会社には直販の営業マンがいたりするのでライバルの数は圧倒的に増えている傾向にあるでしょう。 人のライフプランを左右する商品を販売する保険代理店にとっては人と人のコミュニケーションが欠かせません。 しかし、そうはいうものの、代理店にとっては商品での差別化は望めません。となればやはり「人」が大事。 保険代理店のイメージを左右するのは担当者や社長だけではなくホームページでもあったりします。 ネットからの顧客獲得は無理かもしれませんが、それでもイメージアップには繋げることはできるのかもしれません。
  12. 居酒屋
    長引く日本経済の低迷、アジアを中心とした新興国の勃興、東日本大震災等、日本の飲食業界を巡る環境ははっきりいって悪化の一途を辿っているといっても過言ではありません。 しかし、それでも外食需要がゼロになるような日本ではありません。ビジネスであれプライベートであれ、世の中には、ちょっと一杯やりましょうという人が少なからず存在します。 300円以下の均一料金という低価格で勝負する店もあります。近所の人々の憩いの場になっている店もあります。接待の場として人気を得ている店もあります。そんな中で勝負していく必要があるのです。
  13. ネイルサロン
    ネイルサロンはまさに女性をターゲットにしたサービス業の典型といえます。しかしエステやマッサージと並び、どうしてもライバルの多い業界でもあります。 そして何より清潔感を求められます。ファーストタッチの顧客はまず、その店のイメージや歴史やレベルを確認したいはずです。 そういった状況の中ではどうしてもウェブサイトは有利です。紙媒体であれば頻繁に更新もできないデメリットがありますから。
  14. 不動産賃貸業
    都心のオフィス空室率は高くオフィス系の不動産賃貸は競争も激しい上にパイが非常に小さくなっており厳しい市場環境にある印象を受けます。 しかし、一般消費者は不動産の買い控えの傾向もあり賃貸物件にはそれなりの動きがもたらされているようです。 しかし、不動産賃貸業者の数はびっくりするぐらい多いのも事実です。そんな中で何とか営業を維持するためにもコストのかからないWEB媒体は一つの選択肢です。 一般消費者のネット使用率は思っているより高いです。
  15. フラワーショップ
    フラワーショップといえば以前は女の子の憧れの職業の一つでした。ところが、最近はどうでしょう。 フラワーそのものを贈答したら装飾したりする文化は小さくなり、大手のフラワーチェーンの台頭もあって、いわゆる町のフラワーショップと呼ばれるお店は激減しています。 その中で売上を伸ばしている小規模企業はみんなホームページを武器に全国販売を行っていますね。
  16. 自動車整備士
    いわゆる町の修理工というか板金屋さんに近いでしょうか。最近は若者の車離れに加えて、新車の性能が高くなり故障しにくくなったこと、早めに買い替えする習慣が根付いてきたこともあり、 いわゆる自動車整備企業は斜陽産業になってしまった感があります。また大手修理チェーンの台頭により、職人の技術というよりは、システム的に作業をこなすマニュアルも作られてきつつあります。 そんな中でも売上を維持するための方法としてウェブ戦略も考えるべきかと思います。
  17. 歯科医院
    歯科医院の数はコンビニより多くて、競争は激烈です。都会にいけばいくほどその強烈はすさまじく、考えにくいですが、やはり医院閉鎖に追い込まれるパターンも多いようです。 そんな中でどうやって認められるのか。実力はもちろん必要ですが、その実力をアピールする発信力も必要になります。そんなときにウェブサイトだと考えてみて下さい。
  18. 皮膚科
    皮膚科の経営環境も最近は厳しくなってきている傾向があるようです。 点数減点も含めて、特に都会エリアでの競争が激化しており、供給の増加に需要が追いついていない状況になってきつつあるようです。 皮膚科といえどもそれなりの設備投資額になります。町に安心を与える仕事でもあるので、ホームページでその安心感を増強させる、そんな時代が来ているように思います。
  19. 耳鼻咽喉科
    耳鼻咽喉科の仕事が我々素人が思う以上に多岐に渡りますよね。 花粉症やアレルギー性鼻炎等の元来のイメージ通りの仕事は勿論、扁桃腺や風邪やインフルエンザといった内科的なお仕事も増えてきているそうです。 そうなると、当然ですが需要が増えていきます。耳鼻咽喉科の業務内容をはっきりと明示できる媒体としてホームページは有効に利用されている医師の方も多いそうです。
  20. 建設業
    公共工事が悪だともいえる風潮もあったり、元請け業者の不景気も重なり、地域に根付く工務店の経営環境は非常に厳しいものがありますね。 そんな中で新しい顧客層の開拓は必須業務ともいえます。建設業はイメージが大事な業種です。どうしても暗い・汚い・怖いというイメージが素人には少なからず存在します。 そのためにはホームページは必須です。優しく明るいイメージですね。
  21. カフェ・喫茶店
    最近は喫茶店という言葉をあまり聞かなくなりました。そして、実際に店舗数もすっかり減ってしまったように思います。 昭和の匂いのするちょっと古臭いけど、意外に美味しいコーヒーが飲める、ちょっと顧客年齢層の高い喫茶店。 その代わりに、登場したのがカフェという概念ですね。スターバックスやシアトルコーヒー等、洗練されたイメージがあります。 これらをライバルとする町の小規模カフェにも広告媒体は必要になりますものね。
  22. 小児科
    小児科をビジネスとして考えると本当に難しいモデルだと思います。患者が多い地域で小児科が相対的に不足しているエリアもあります。 そして、逆に、小児科が供給過多になっている地域もあります。うまくバランスがとれた立地になっていないケースもよく見受けられます。 そんなときに。やはり自医院をどうやって親御さんに伝えるかというのはひとつのポイントになりそうですね。
  23. 眼科・目医者
    眼科・目医者さんは二極化傾向にあると聞きます。二極とは何なんでしょうか? 結論からいくと、割と年齢層の高い眼科と若年層の患者数が多い眼科の2パターンです。年齢層の高い場合は、各種の眼病等に詳しくなる必要があります。 当然そのような事例が多いので。逆に若年層のパターンというのは、都会でコンタクト等の需要が多いところですね。どちらもやはり差別化を広告する媒体は必要になると思います。
  24. リフォーム会社
    リフォーム会社とウェブサイトとの関係は非常に重要と思われます。リフォーム会社の新規開拓はやはりフェイスTOフェイスが重要になるはずです。 しかし、飛び込み営業では最近は怪しまれます。挙句には、法律違反に問われるリスクもゼロではありません。 となればあとは新聞折込広告等の手もありますが紙面の都合もあってなかなか思いを伝えることが難しくなります。そこで考えられるのが、ウェブ媒体です。やはりこれが重要になりますね。
  25. 弁理士
    弁理士は一般の人とは馴染みの薄い仕事かもしれません。特許権も商標権もあまり普通の生活では出てきませんからね。 ただし、その手の企業にとっては会社の存続を守るといってもいいほどの権利になります。ということはやはり、それだけしっかり守るべき必要があるんですね。 ということは仕事の責任も大きくなります。やはり、事務所及び所属するスタッフの信用度はウェブで公開するほうがいいでしょう。
  26. 整形外科
    整形外科は老若男女問わず、いつ何時お世話になるかもしれないという意味で生活に密着している医業の形態ではないかと感じています。 小中学生の頃には一度はお世話になったことがある人もかなり多いと思われます。そして大人になっても骨折や事故を含めた事故等でお世話になります。 やはり個人的には先生の優しさがポイントになるのでは?と思ったりしています。
  27. 司法書士
    司法書士の業務は素人の我々が思っているよりも圧倒的に幅広いです。不動産登記や商業登記はもちろんですが、公証人認証に加えて、過払い利息返還業務は最近の流行のようになっています。 そして、相続や遺言も業務の一部ですし、事業再生や事業承継、M&A等もその分野に入ります。 そんな業務ごとにウェブサイトを作成している司法書士事務所は幅広く顧客開拓ができている可能性がありますね。
  28. 針灸院
    鍼灸院・針灸院は漢方の影響を色濃く受けている治療形態かもしれませんが、それでも最近では非常に数が増えてきています。 人口減・少子高齢化の日本においては、鍼灸院・針灸院といっても何かしらの特徴がなければ生き残るのは厳しい時代になってきている感があります。 そうなんです、なかなか厳しいんですね、生存競争が。そういう意味ではWEB媒体をうまく利用して新規顧客を増やしている店舗があることも事実です。
  29. 社会保険労務士
    社会保険労務士でも独立して事務所を構えている方は少数です。それほど飯を食うというテーマでは厳しい分野になっています。 社労士のイメージはというと、給与計算や社会保険や労働保険の加入や調整、年末調整等がイメージされる業務ですが、それだけではありません。 最近は労務関連のコンサルティングを引き受けている社労士さんも多いですし、就業規則や労務規定関連に対して積極的に取り組んでいるケースも多いですね。