税理士事務所の特徴


エステ


エステティックサロン向けの税理士事務所です

エステティックサロン業界はちょっと特殊で、大手会社の数も多いにもかかわらず、中小規模のエステティックサロンも儲かっているケースが多いという稀有な業界です。景気に関わらず美への願望はなかなか衰えるものではありません。しかし、最近では供給過多の傾向に加えてローン認可が厳しくなってきた影響もあり、ユーザー単価が低くなってきている傾向があります。
人件費(固定費)が他業種に比べると比較的高い業界でもあるので売上単価の低下は業績に直結するリスクでもあります。今後の競争はより激化してくものと思われます。 エステティックサロンの経営者の方はそんな中で雇用とサービスを維持しつつ経営を行っていく責務があります。

我々はエステティックサロン向けの税理士サービス行うことで、エステティックサロンの現状も認識していますし、 その中で培ってきたノウハウも持ち合わせています。我々の最大の目標はクライアントであるエステティックサロンの売上・利益の増大に貢献することです。

弊社は中国・上海で女性向けサービス(ダイエット等)を実業として展開しています。その流れもあり、エステティックサロンの経営者のお気持ちが同じ視線で強烈に理解できます。どんなことでもご相談下さい。

サロン

仕入原価率は低く人件費固定費が大きい業界

エステティックサロンの特徴は仕入原価が低いことに加えて家賃及び人件費という固定費負担が概して大きいことが挙げられます。売上額が大きい時はそれほど気にはなりませんが売上が伸び悩んだときには資金繰りを含めて深刻ねマイナス影響を及ぼすリスクがあります。管理業務を効率化させて機能させることはエステティックサロンにおいては重要です。徹底的に楽しながらもきっちりと作業を行うスリムなスキームが必要です。

エステティックサロンの法人化について

中小規模のエステティックサロンであってもそのほとんどが法人化されていますが、個人事業として行われているケースも散見されます。利益率が高いということは税金額も高いということです。個人事業主形態のケースでたまに見受けられるのですが、税金支払いに対しての概念が乏しい経営者がいらっしゃいます。法令順守の概念に乏しい経営者もいらっしゃいます。法律の範囲内での展開が最も効率的にキャッシュを残すことだと考えています。

会社設立手続サービスへ>>

エステは「人」が大事です

エステティックサロンではお店によって売上形態が大きく変わります。現金売上が大きい店もあればカード売上、ローン売上が大きい店もあります。更に、エステティックサロンのスタッフは他の業界の従業員に比べると定着率が低いとも言われています。社外のお客様のグリップのためにはまずは社内体制の適切な構築が前提です。最近はエステティックサロンの内部での労使問題がよく表面化しています。日本は労働者保護の国なのでこのケースでの経営者の痛手は思った以上に大きいものです。労務関係も弊社にお任せ下さい。

エステティック