銀行借入

大阪・兵庫で構築した豊富なネットワークと実務に基づいたノウハウが自慢です

この2つを武器にクライアントの融資サポートを行っています。

開業・会社設立時の創業融資(日本政策金融公庫や信用保証協会を通した制度融資)は勿論、
新規事業や設備投資・運転資金のための銀行借入におけるプロパー融資にも豊富な実績があります。

金融機関が着目するのは・・・・・・

金融機関の着眼点は時代と共に変わっています。不動産価値が高買った時代では担保を中心に融資を実行していましたが、最近の融資審査は決算書を中心とした信用格付けに変化しています。

銀行は決算書を分析して融資審査を行うので、適切な決算書作成の重要性が高っています。

当然ですが、過去の決算書や資金繰り表、事業計画等が求められるのもそのためです。

創業時の資金調達手法について

資金調達を時間軸で追うと最も割合が高くなるが「創業時の資金需要」です。経営者は借りたい、しかし、金融機関から見れば実績ゼロの貸付業務になるのでリスクを伴います。
開業時の資金調達は、日本政策金融公庫の創業融資と自治体の制度融資(信用保証協会の信用保証付きの融資)が中心となります。
プロパー融資は第1期以降の決算書がなければ難しいのが現実です。


【日本政策金融公庫】

民間の金融機関等から融資を受けられない小規模事業者等に融資を行う政府系金融機関。
日本政策金融公庫の「創業融資制度」は、無担保・無保証人で融資を受けられるため非常に有用な制度です。 この場合、創業資金の3分の1以上の自己資金保有が要件となります。


【自治体制度融資・信用保証協会】

地方自治体が創業サポートを目的として、信用保証協会や民間金融機関と連携して行う融資。
信用保証協会は中小企業等への融資円滑化を図るために設立された公的機関であり、金融機関から融資を受ける際に借入債務を保証を行うことで資金調達を支えてくれます。

国金

高槻市