税理士事務所の特徴


フラワーショップ


花屋・フラワーショップ、園芸屋向けの税理士事務所です

構造的不況下の日本ではほぼ全ての業種において中小企業は苦戦を強いられる傾向にあります。それは女の子がなりたい職業で上位を占める花屋(フラワーショップ)であっても例外ではありません。
大手企業の台頭、フランチャイズシステムの発達によって中小規模の花屋(フラワーショップ)の経営は厳しいものになってきています。 しかし、全てがそういうわけでもありません。中小規模の花屋(フラワーショップ)の中には独自の斬新な戦略やアイデア、地道な営業活動、農家との強い連携等によって確実に利益を獲得している企業もあります。

我々は花屋(フラワーショップ)、園芸屋向けの税理士サービスを集中して行うことで、数多くの中小規模の花屋さんや園芸屋さんの成功事例や独自経営ノウハウに触れることできました。 この専門ならではのノウハウを武器にして、花屋(フラワーショップ)、園芸屋の売上・利益の増大に貢献することを最大の目標にしています。

廃棄率が高く、季節的変動要因も大きく、更には集客予定が見越しにくいフラワーショップの事業展開は、将来予測が非常に困難です。しかしそれでも店舗運営には固定費が必要になります。 経営全般を強く支援するのが弊社の特徴です。

花環

今までは現金売上が多いのが特徴の業種でしたが・・・

中小規模の花屋では個人相手の商売であれば現金取引が基本でした。もちろん、法人取引が多い店舗であればで掛取引を行うケースが増えます。そして、最近のビジネスの特徴としてはインターネット販売ボリュームも膨らんでいる影響でクレジットカード決済も急増しています。こういったパターンの違う売上をうまく捌きながら、効率的で無駄のないな会計処理スキームの構築を弊社は提案しています。「いかに楽に」に管理業務を行うかがポイントです。

フラワーショップの資金需要

花屋(フラワーショップ)、園芸屋の利益率は業界外の人間から見ればかなり高いのが特徴です。しかし、その分、人件費や家賃やシステム管理料等の様々な経費が嵩みます。仕入と売上高だけみれば利益率が高くとも廃棄ロスを考慮しなければなりません。花屋の廃棄予測は、八百屋ビジネスの数段難しいとも言われていますます。カード決済や掛売上が生じればなおのこと、資金繰りが困難になります。金融機関対策は経験とノウハウが豊富な弊社にお任せ下さい。

会社設立手続サービスへ>>

フラワーショップの損益把握

フラワーショップであろうが園芸屋さんであろうが、基本的には生物を扱うビジネスです。仕入れた花が永遠に販売できるわけではありません。どんなビジネスでも損益把握は重要ですが、フラワーショップビジネスにおいては、廃棄率の把握が最重要です。しかし、経験や勘や感覚に頼っている経営者が多いのが現実。毎月の廃棄率を数字として 計算し把握することで見えてくるものがいっぱいあります。まずは廃棄率の数字化を行ってみませんか。

切り出し屋と呼ばれる花材職人