決算1ヶ月前!何か節税できませんか?

決算1ヶ月前!何か節税できませんか?

  • シャワーの部品製造の会社です。気づいたら利益たくさんの状態で決算1ヶ月前を迎えました。何かいい節税方法はありますでしょうか?

色々あります!サンプルで下記を参照して下さい!

                  簡単にブックマークできます→

★決算1ヶ月前:車検による節税

●車の車検は、「車検証の検査満了日の1ヶ月前」から可能です。  決算後1ヶ月以内に検査満了になる社用車があるかどうかを確認しましょう。  あれば、決算前に車検を済ませてしまうべきです! ●ちなみに、車検は1ヶ月前に受けたからといって損はしません。  有効期間は「車検期間満了日」から2年間です!  

★決算1ヶ月前:修繕による節税

●修繕関連の基本事項  ◆修繕行為→修繕費処理  ◆価値の増加がある場合→資産計上                   ◆不明な場合→形式的判断によって修繕費か資産計上かを区分する。 ●資本的支出の例外に目を付ける!(節税ポイント!)  ◆資本的支出であっても以下の場合は一括損金可能なんです!   ①一つの修理等の額が20万円未満   ②概ね3年以内の周期で行われる定期的修理 ●修繕関連の要注意点!!    ◆金額がどれだけ大きくても「修繕行為」なら修繕費勘定!    ◆上記の形式的判断を行うのはあくまで「不明」な場合のみです!  

★生命保険に加入する

●半分損金の逓増保険等に加入する。  どうしても損金が欲しい場合の一つの手になります。  但し、解約返戻金が一定額に到達するまでの数年間は加入し  続ける必要があり、毎年同額の資金が必要になるので、  翌年以降の見通しがない場合にはリスクが生じます。 ●保険で損金計上できるのはあくまで法人税のみです。  消費税には何の効果もありません。

★消耗品を買いまくる

●30万円を超える消耗品に関しては(青色申告の場合)、  固定資産計上の必要性が生じますが、それ以下であれば  年間300万円までは自由に消耗品を購入できます。  この枠を最大限利用し、将来買うべき消耗品を前倒しで購入  するという算段です。