労働保険料払った!処理はどうするの?負担 立替金 預かり金 概算 確定 事業主 被保険者

労働保険料払った!処理はどうするの?

  • 京都滋賀奈良で仏閣修理をしている会社です。労働保険料の会計処理がよく分かりません。どうすればいいのでしょうか?

会社負担・従業員負担によって区別しましょう!

                  簡単にブックマークできます→

★労働保険料の税務上の取り扱いの原則

●労働保険とは・・・  4月1日から翌年3月31日までの期間を保険年度として、  前年実績等に基づく概算保険料を納付し、その年度終了後に実際の賃金総額に基づく  確定保険料を算定し、過不足額を精算します。

★労働保険料の税務上の運用方法

●保険料は、事業主負担分と被保険者負担分の2種類がありますね。  ①事業主負担分   法定福利費勘定で「期間の経過に応じて損金に算入」します。   ↓   概算と確定額の間に過不足が生じた場合      ◆不足している場合    確定保険料に係る申告書の提出日又は納付日の年度の損金に算入!       ◆払いすぎていた場合額    確定申告書の提出日の年度の益金に算入!          ②被保険者負担分   納付時は立替金勘定。給料から控除して計上する預かり金勘定と消し込みます。    <参考> 労働保険料の会計処理(仕訳)は会社によって実に様々な処理を行っています。 立替金や預り金を使って複雑に処理している会社も見受けられます。 一般的には、支払時に法定福利費、徴収時に法定福利費のマイナスにしているケース が非常に多いですね。 差額部分についても、法定福利費だけで調整しています。 細かくいくと少しズレる可能性もありますが、あまり調査で指摘されることは ないものと思われます。