給料関連で節税できますか?決算賞与・社会保険料未払

給料関連で節税できますか?

  • スタントマン教育の会社です。決算直前になってきて利益がすごいのですが、何か給料関係で節税とかできますでしょうか?

いくつか方法はありますよ!

                 今後のためにこのページを保存 →

★給与の未払を計上して節税する

●例えば、決算日が3月31日で、給料支払は15日〆の25日払。  ↓  16日~31日に発生した従業員への給与は未払計上できます。 ●役員報酬には使えません(日割計算とかっていう考え方がないので)。

★決算賞与の未払を計上して節税する

●意外に利益が多く出たときに「決算賞与」を払う会社は結構あります。  ↓  例えば、3月31日決算で3月15日ぐらいに決算賞与を払うことに  なったとします。  これを決算末に未払計上できます。 ●3つの要件  ①期末までに決算賞与の支給額を従業員毎に、かつ、全員に通知。  ②期末翌日から1ヶ月以内に全従業員に払う。  ③会計処理の中で未払計上(つまり費用計上)する。

★社会保険料の未払計上による節税

●社会保険料の天引きの仕組み  当月の給与から天引きして預かった社会保険料→翌月末日に支払い。  (会社負担分と合算して支払いますね)  ↓  ここでポイントは、社会保険料は、実際の支払日=翌月末日ではなく、  当月末日で支払義務は確定しています。  ↓  毎月の社会保険料支払時に費用計上している会社であれば、  期末だけ1か月分の未払計上をすることで節税につながります。   ●注意点  当然ではあるのですが、未払計上できるのは会社負担分のみです。  結構間違えてしまうポイントです。