開業費と創立費は大事にしましょう!

開業費と創立費は大事にしましょう!

  • 河内長野富田林ブラジャー製造の会社を立ち上げました。開業費と創立費をうまく使えって先輩社長に言われたのですがどういうことでしょうか?

いつでも損金計上できるので宝物です!

                 今後のためにこのページを保存 →

★開業費と創立費について

●会社設立時には創立費や開業費を計上する会社が非常に多いですね。  設立のための準備の費用、営業開始のための準備の費用等、意外に金額が  膨らむことも少なくありません。  ↓  そして、第1期はなかなか利益を出せない企業が多いのも事実。  それはそれで当然のことなのですが、この創立費や開業費っていうのは  そもそもが資産計上項目です。  ↓  いつ損金に落とすかが最大のポイントになりますね。  

★お得な繰延資産:開業費と創立費

●法律で、支出の効果が1年以上に及ぶようなものは繰延資産として  一旦資産計上しなければなりません。  ↓  しかし、この繰延資産の内、創立費と開業費は任意償却が可能です。  ↓  これはどういうことかわかりますか?  いつでも好きなタイミングで経費にできるということです。  ↓  第1期目で全額損金に計上することもよし、第2期に持ち越すのもよし。  ↓  黒字が出たときに合わせて損金計上するのもアリですね。