粉飾による売掛金を貸倒処理できるか?仮装経理・更正の請求

粉飾による売掛金を貸倒処理できるか?

  • 戦国時代のグッズを販売している会社です。10年前に銀行融資の関係でどうしても黒字にしたくて粉飾決算を行いました。その影響で未だに見合いの売掛金が計上されたままです。どうにかする方法はあるのでしょうか?

かなり困難ですね!!

                 今後のためにこのページを保存 →

★粉飾の結果として売掛金が残るリスクは大きい!!

●銀行からの融資を引っ張るために、中小企業でも粉飾決算を行う  ことが稀にあります(稀でもないかもしれませんが・・)。  ↓  法人税が膨らむ方向なので、税務調査で問題にならないという  安心感が簡単にそうさせるのかもしれません。  しかし、事はそう単純ではありません。  ↓  粉飾の結果として、必然的に売掛債権が登場します。  粉飾をやってしまった期には気も留めなかったかもしれない  この売掛金を将来のいつかのタイミングで貸倒処理を行うことで  消し込みたいという会社が実は圧倒的に登場してきます。  ↓  この場合、事はそんなに簡単に運びません。  

★粉飾の結果として売掛金を消す方法はあるか?

●そのそも法人が過大申告した場合に過大納付した法人税額は  法定申告期限から1年以内であれば、更正の請求を行えます。  ↓  1年を超えると(5年以内)、税務署長の職権に属する範囲で、  減額更正の嘆願書等を提出する必要があります。  ↓  しかし、粉飾の結果としての嘆願が、そんなに簡単に認められるとは  思えません。  ↓  というより、ダメと思った方がいいでしょう。 ●5年を超えてくるともっと可能性が低くなります。  とりあえず、売掛債権残高を実態ベースで正しく処理し、  前期修正損益項目としておいて、税務上は加算することぐらいしか  方法はないと思われますね。