同業者団体の海外旅行は損金OK?交際費・給与・日当・宿泊

同業者団体の海外旅行は損金OK?

  • 着物販売の会社です。同業者団体で会を作っており、毎年海外旅行に行っています。これは交際費として計上できますでしょうか??

目的を立証できればいいと思います。

                 今後のためにこのページを保存 →

★同業者団体恒例の行事

●最近は結構減ってきましたが、それでもまだありますね。  同業者団体関連のイベント。  同業者団体といえば、「●●会」等の名目で研修会やセミナーを  開いたりしているイメージですが、会員企業負担でよく海外旅行  へ行ったりしますね。 ●海外渡航に関しては、  法人の業務遂行上必要で、かつ、通常の金額の範囲内のケースのみ  会社の損金にできます。  そうでなければ、渡航者の給与扱いになりますね。  (このあたりは実質判断になると思われます)  

★同業者団体で行く海外旅行

●では、同業者団体の海外旅行はどうなるでしょうか??  ↓  取引先との親睦を深め、関係を緊密化するためには積極参加すべき  だからという理由も成り立ちます。  (もちろん、これを立証しなければなりません!!)。  ↓  このケースであれば、給与ではなく交際費として認定できると  思われます。(飲食費だけではなく旅費部分も交際費扱いです)  ↓  当然、その前提条件として、  日当や宿泊費等が一般的に妥当な金額であり、会社の旅費規程に  則って、支給されていることが前提です。  ↓  ただ、最も難しいのは、やはり、積極参加すべき理由の立証でしょう。  例えば、この団体の会長を務めているとか、そういった形式的な  証明ができなければ、給与扱いされても仕方がないかもしれません、  団体の役職もなく、任意に参加しているだけでは、積極参加すべき  理由としては弱い気もします。