人間ドッグや健康診断費用は医療費控除対象?妊娠・虫歯・メタボ | 神戸・姫路・西宮・尼崎・明石・加古川・たつの・宝塚の税理士

人間ドッグや健康診断費用は医療費控除対象?

  • 接着剤の卸業者(個人)です。妻と二人で先日人間ドッグを受けましたがこの費用は医療費控除対象になりますか?

普通は無理だと思いますね

                 今後のためにこのページを保存 →

★人間ドッグの費用は?

●人間ドックや通常の健康診断等の費用は、治療を前提とした性質ではない  ので医療費控除の対象ではありません。  ↓  もちろん、検査の結果見つかった病気等の治療代は対象になります!

★妊娠関連の費用は?

妊娠のための産婦人科への通院費は対象になります。  ↓  医師による診療や治療の対価となる分のみです。  妊婦服等は認められませんし、母親学級や無痛分娩講座等の費用は  医師の治療のための直接必要な費用ではないのでダメです。  また保険で賄われる分は、控除対象費用から控除しなければなりません)  ↓  妊娠中絶・流産費用は、母体保護法に基づく中絶処置であれば医療費控除対象です。  ↓  不妊治療費用は医師による診療行為であれば医療費控除対象です。  (もちろん、通常必要な費用額であることが前提になります)

★虫歯治療の費用は?

虫歯歯槽膿漏の治療費や、親不知等の抜歯代金、入れ歯費用等で  一般的な治療代金でなされる治療行為であれば、医療費控除の対象  になりますね。

★両親が医師の場合は?

●ご家族が医師の場合、そのご家族に診察を受けるたとしても、  医師免許があって、その医師が治療のために直接必要な費用と認める  ならば、問題なく医療費控除の対象ですね。

★メタボリックシンドローム検診の場合は?

メタボ健診(特定健康診査)の結果、一定の要件に該当する人は、  医師らが特定保健指導(動機付け支援or積極的支援)を行いますね。  ↓  医師による積極的支援が行われる場合、その指導の原因となった  特定健康審診査の際の自己負担額は、医療費控除の対象です。  勿論、積極的支援の費用も控除対象です。通常は半年や1年等の長期  になるのですが、その年に支払った分だけが対象になります。  ↓  しかし、積極的支援の対象となっても、控除対象は指導料のみです。   □指導の結果食事療法を受けて行う食費はダメです!    (医師の治療を受けるのに直接必要な費用でもありませんし!)   □指導の一環でスポーツジムに通うための費用もダメです!  ↓  逆に言うと、メタボ予備軍として「動機づけ支援」を受けた場合の費用は  医療費控除対象にはなりません。