医療費のお知らせは領収書の代替になる?海外駐在・旅行・借金・消費税

医療費のお知らせは領収書の代替になる?

  • カツ丼スーパーに卸している個人事業主です。医療費控除の際に毎年郵送されてくる「医療費のお知らせ」を領収書代わりにできますでしょうか?

なりません!医療費控除には領収書が必要!

                 今後のためにこのページを保存 →

★組合が発行する「医療費のお知らせ」が領収書の代わり?

●通常、定期的に組合から「医療費のお知らせ」が郵送されてきますが、  これは領収書の代替にはなりません。  つまり、これを添付書類としてはダメです。  ↓  領収書を紛失したら再発行してもらうしかありませんね。  それがダメなら税務署に相談するしか方法はないと思われます。  

★海外駐在中の医療費

●医療費控除は、居住者が、自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族  に係る医療費を支払った場合に、所得額から控除できる制度です。  ↓  つまり海外駐在中=非居住者が、日本に住む子供の医療費を払っていたとしても、  非居住者である以上、医療費控除対象になりません。  ↓  海外旅行の場合は医療費控除OKです。なぜなら、居住者のままだからです。  支払額は支払日の外国為替の電信売相場(TTS)によって円換算します。    

★借金をして医療費を払った場合

●多額の入院代(100万円)がかかりましたが自己資金では払えず、5年ローン  で借入をした場合。  ↓  医療機関に100万円を払った時点で医療費控除OKです。  借入機関への返済のタイミングがいつになっても関係ありません。  他人(個人)から借りたお金であっても同じ発想です。  「いつ病院に支払ったか」のポイントだけです。

★去年の医療費

●去年支払った医療費は今年の控除対象にすることはできません。  ↓  逆に言うと、病院には去年行っていたけれど、支払いが今年であれば  今年の医療費控除対象OKです!  

★消費税も請求されているけれど・・・

●領収書に消費税が記載されている場合、消費税額も医療費控除対象です。  ↓  各年毎にその年に払った医療費の全額が対象となります。  (もちろん、消費税も含みます)