住宅ローンを借り換えた場合はどうなるの?繰上返済・据置

住宅ローンを借り換えた場合はどうなるの?

  • 大豆の研究機関に勤めています。先般色んな条件が重なって住宅ローンを借換えました。この場合は住宅ローン控除はどうなるのです?

借換え後の期間はどうなってますか?

                 今後のためにこのページを保存 →

★住宅ローンを借り換えた場合はどうなるの?

●新たな借入金が従前の借入金等を消滅させることが明らか  新たな借入金を家屋の新築or増改築等に充てることが明らか  ↓  上記の場合には、住宅ローン控除の要件を満たしていれば  (借換日から償還期限までが10年以上等、いわゆる一般的要件です)  新たな借入金でも控除の適用を受けられます。

★繰上返済をした場合には住宅ローン控除は?

●繰上返済の結果としてどうなったかがポイントになります。  ↓  □繰上返済後の償還期限が10年以上ある:控除適用可能!    □当初借入時点からの償還期限が10年未満となった:その年以降適用なし!

★融資実行日が翌年1月になってしまった場合

●当年内に居住の用に供している、かつ、金銭消費貸借契約を締結している  ↓  当年から住宅ローン控除の適用を受けられます!  (融資実行日がいつかは関係なし!)  

★そもそも借入金残高とはどこまでを含む?

●住宅ローン控除の借入金  ↓  元本のみが対象!  利息や手数料等は含みません。

★借入金の返済を据置いている場合はどうなるか?

●住宅ローン控除の要件は、  「償還期間が10年以上の割賦償還の方法により返済される借入金」。  ↓  償還期間=実際の借入金返済期間。  つまり、据置期間があってもなくても関係なくて、  据置期間の前後の償還期間の合計が何年かどうかが大事。  ↓  10年以上の場合は、住宅ローン控除の適用OK!