相続した場合も住宅ローン控除できる??生計を一・借地・底地

相続した場合も住宅ローン控除できる??

  • コンクリートの原材料製造の会社に勤めています。父親の住宅と住宅ローンをそのまま相続する予定なのですが、私自身も住宅ローン控除は受けられるのでしょうか?

できないですね!

                 今後のためにこのページを保存 →

★借地を後で購入した場合の住宅ローン控除

●定期借地権付建物を購入し、後で借地部分の底地を地主からローンで購入  ↓  原則:住宅ローン控除の対象となる借入金は建物部分のみ!  ↓  但し、建物取得と同時(orそれ以前)に、土地を取得した際の借入金は対象です。  ↓  この場合は建物取得の後の話ですね。ですので控除はありません!

★生計を一にする者から住宅を取得した場合

●生計を一にする親族から住宅を取得した場合(銀行借入して)  ↓  従前から引き続き居住している住宅について、生計を一にする親族から購入し、  引き続きこの親族とも生計を一にするような場合  ↓  この場合は住宅ローン控除はありません!  ↓  但し、購入後に生計が別になる場合は、他の要件を満たせばOKです!     ●元々生計を別にする親族から住宅を取得した場合(銀行借入して)  ↓  他の条件を満たしていれば、住宅ローン控除OKです。

★相続により住宅を取得した場合

●相続で住宅を取得した場合(その住宅に係る借入金も承継)  ↓  「住宅に係る借入金」は相続による債務の承継です。  つまり、相続人にとっては、住宅を取得するための住宅ローンではない!  ↓  ですので、住宅ローン控除の対象にはなりません!