扶養控除の38万円ってどうやって計算するの?給与・雑・年金・退職・非課税所得

扶養控除の38万円ってどうやって計算するの?

  • サイレン製造会社のサラリーマンです。扶養控除の該当要件に合計所得金額38万円以下というのがありますが、これはどうやって計算するのですか?

各所得によって計算方法が異なります!

                  簡単にブックマークできます→

★給与所得の計算方法

●収入金額-給与所得控除額=所得金額  ↓  給与所得控除額の最低額は65万円。  つまり、収入金額103万円以下であれば合計所得金額は  (103万円-65万円)で38万円以下となります。  

★事業所得・雑所得(内職収入等)の計算方法

●総収入金額-必要経費=所得金額  ↓  家内労働者・家内労働者等の事業所得や雑所得については、  最低65万円が控除されるので、ほかに所得がなければ、  総収入金額が103万円以下であれば、合計所得金額は38万円以下!      

★雑所得(公的年金等)の計算方法

●収入金額-公的年金等控除額=所得金額  ↓  公的年金等控除額の最低額は120万円(65歳未満は70万円)です。  ほかに収入がない場合、総収入金額が158万円(65歳未満:108万円)以下  であれば、合計所得金額は38万円以下になります。  

★退職所得の計算方法

●(収入金額-退職所得控除額)×1/2=所得金額  ↓  退職所得控除額は、通常以下になります。  ①勤続20年まで:40万円(1年につき)  ②勤続20年超 :70万円(1年につき)

★非課税所得について

●非課税所得は合計所得には含まれません!  ↓  ◆遺族が受ける恩給や年金(死亡した人の勤務に基づくもの)  ◆雇用保険法により支給される失業給付