退職した従業員の年末調整もするの?失業給付・手当

退職した従業員の年末調整もするの?

  • 紙コップも原材料を製造しているメーカーです。今年退職して失業手当をもらってる従業員から年末調整の依頼がきました。しなければなりませんか?

場合によってはしなければなりません!

                  簡単にブックマークできます→

★年の途中で退職した人

●年の途中で退職した人で、年末調整の対象となる人    ①死亡により退職した人    ②著しい心身障害のために退職した人で、本年中に再就職が不可能と認められ、   かつ、退職後本年中に給与の支払を受けないこととなっている人、    ③12月に支給期の到来する給与の支払を受けた後に退職した人    ④パートで働いている人等が退職した場合で、本年中の給与総額が103万円以下の人  (退職後本年中に他から給与を受けると見込まれる人を除く)

★年の途中で退職して失業給付をもらっている人

●年の途中で退職した人で年末調整の対象となるのは以上の人だけです。  ↓  逆に言うと、上記以外の人は年末調整の対象にはなりません。  ↓  つまり、年の途中で退職して失業手当(所得税:非課税)を受けている  ような人は、年末調整を行うことはできないんですね! ●飲食店等の従業員の出入りが激しい業種ではかなり要注意事項です。  税務署側も業界の特性を熟知していますので、退職後の従業員の年末調整  処理については注意しながら処理すべきでしょう。  特に無断欠勤のまま退職した従業員等はその処理を放置しがちです。  しかし、会社側に責任が降ってくる可能性もありますので、機械的にでも  処理すべきテーマです。