扶養家族の年収38万円に年金は含まれる?遺族・老齢・障害・所得税・非課税

扶養家族の年収38万円に年金は含まれる?

  • 救急箱製造の会社に勤めています。田舎にいる母親が自分の扶養家族になるか悩んでいます。パートと遺族年金収入があるのですが、どうなるのでしょうか?

年金の種類は?非課税かどうかを調べましょう

                 今後のためにこのページを保存 →

★扶養親族か否かの判定基準

●扶養親族や控除対象配偶者に該当するか否かの判定  所得金額38万円(給与の場合、年間給与収入103万円から給与所得控除65万円を控除)で  あれば扶養親族となることができます。 ●この場合の合計所得金額には、所得税法やその他の法令の規定によって  非課税とされる所得は含まれません。  

★受け取った年金は課税?非課税?

●受け取った年金の取り扱い  老齢基礎年金等→課税  障害基礎年金→非課税  遺族基礎年金→非課税  老齢福祉年金→非課税   ●例えば、遺族年金は非課税所得なので、これをを含めずに扶養親族の判定をします。  Aさんの母がパート収入70万円、遺族年金50万円をもらっていた場合、  パート収入70万円だけで扶養親族の判定を行うので、Aさんの母親は  Aさんの扶養親族に該当することになります。