民事再生と破産。何がどう違うのですか?弁護士 私的整理 清算 倒産

民事再生と破産。何がどう違うのですか?

  • 鼻炎用の医療器具を製造している会社ですが、資金繰りがうまくいかず事業の継続に行き詰っています。民事再生という方法もアリなのでしょうか?

会社が存続するかなくなるか、が最大の違い!

    


★民事再生と破産

民事再生  簡潔にいうと「会社を継続させるため」に借金を減額するための法的手続。 ●破産  会社を清算するために借金を整理する法的手続  

★民事再生と破産のどちらがいいか

●まず考えるのは民事再生  会社継続の意志があれば民事再生を検討すべきです。  膨らんだ借金さえ消えれば、資金繰りは回るというような場合ですね。    主な借入先が銀行になる会社が多いので、まずは銀行への相談ということに  なります。あわよくば、民事再生という手法を取らずに、別の方法の提案が  あるかもしれません。     ●民事再生のデメリット  ①予納金や弁護士費用等の高額な支出がある。    ②法的手続なので「倒産」のイメージが広がり、取引先の信用を失い、   民事再生後に思うような業績が出ないリスクがある。    ●最終的に行う「破産の選択」  会社を清算するという結論にんあれば    ①破産を選択  ②弁護士に依頼して、私的整理をする    等の対処が必要になります。