年金だけ考えるとサラリーマンはお得?公的 国民年金基金 小規模企業共済 確定拠出年金

年金だけ考えるとサラリーマンはお得?

  • ブルーベリーの加工をしている個人事業主です。老後が心配で色々調べてるとどうもサラリーマンの方が優遇されてる気がしていますがどうでしょうか?

一概にそうとも言えません。利用可能制度が異なります

                  簡単にブックマークできます→

★個人事業主や中小企業経営者の公的年金

●よく言われることに、サラリーマンの方が老後の安定があるということ。  確かに、個人事業主が加入する国民年金や厚生年金だけでは老後に必要な生活費  としては不十分です。 ●そこで、個人事業主や中小企業経営者のための公的制度があります。  これをうまく利用すれば、老後の安定も可能になります!

★公的年金を補完する「公的制度」

◆公的年金を補完する公的制度として4つ存在します。  (サラリーマンの場合ですと民間の生命保険程度しかありません)  ↓  この4つの特徴は二つあります(税金面の優遇)。  ●支払う掛金がすべて所得控除できる  ●受給時には公的年金控除が適用できす。  ↓  民間の生命保険だとそうもいきません。  支払った保険料の全額控除はないですし、受給する年金も  公的年金控除が適用されないのです。   ①国民年金の付加年金  個人事業主のみ加入できます。  下の国民年金基金との選択になります(つまりどっちか一つです)。 ②国民年金基金  個人事業主のみ加入できます。  上の国民年金付加年金との選択になります(つまりどっちか一つ)。   ③小規模企業共済  個人事業主のみならず中小企業経営者も加入できます。  他との併用も可能です。  ↓  小規模企業共済の過去記事はこちら   ④確定拠出年金  個人事業主のみならず、中小企業経営者も利用できます。  サラリーマンもOKです。