税融資の時に事業計画書を提出せよと言われた!

融資の時に事業計画書を提出せよと言われた!

  • 岸和田市で建設業のための会社設立をしました。融資の際には事業計画書を作成しろといわれたのですがどうやって作成するのでしょうか?

融資のときにはよく言われますね。

                  簡単にブックマークできます→

★事業計画書に書くべき事項

①会社概要 ②将来へのビジョン ③ターゲット分析(顧客分析) ④競合分析 ⑤自社分析 ⑥事業概要(どんな事業を行うかを明確化・ビジョン達成へのプロセス) ⑦新事業計画(将来に行う予定の事業) ⑧業務フロー(顧客獲得から入金までのビジネスモデル全体) ⑨人員計画 ⑩短期収支シミュレーション(6ヶ月~1年) ⑪短期営業戦略 ⑫短期営業計画 ⑬中期シミュレーション(1年~3年) ⑭長期シュミレーション(3年~5年) ⑮資本政策 ⑯組織構成 ●通常のパターンでは、大きく作っておいて、融資等の必要時に応じて、  必要部分を抽出して場面場面の事業計画書を作成することが多いですね。  

★事業計画書はそもそも必要かという議論

●実務上、中小企業の中には事業計画書を作成しない会社も多々あります。  ↓  しかし、事業計画書は「企業を成長させるための全ての計画を書き出す書類」です。  もっと言うと、企業運営に関する全てを方向付ける根本的な指針でもあります。  計画なしで場当たり的な新規事業をスタートさせて失敗してしまう例が後を絶ちません。  ↓  事業計画によって、ビジョンが描かれます。  事業計画によって、ビジョン達成のためのプロセスが描かれます。  事業計画によって、経営計画のための財務管理が描かれます。