株主代表訴訟にかかった費用は損金OK?

株主代表訴訟にかかった費用は損金OK?

  • 梅田難波天王寺カラオケボックスをFC展開しています。株主が多いのですが、先般株主代表訴訟になる事案が発生してしまいました。この場合の費用は会社の損金にできますでしょうか??

敗訴か勝訴かは大きく影響しますね!

                  簡単にブックマークできます→

★株主代表訴訟で役員が訴えられ敗訴した場合

●中小企業でも株主代表訴訟で役員が訴えられるケースが年々増えています。  理由は色々ありますが、資金繰りの観点から株主数が増え同族的繋がりが弱まって  きているという全体的傾向があることも要因のひとつでしょう。  ↓  役員が株主に訴えられた場合、弁護士費用や裁判費用が発生するのは当然です。  実際は、金額も多額になることから会社が支払っているケースがほとんどです。  ただ、このケースで、訴訟関連費用を会社の損金にできるかどうかという  問題が生じてきます。     ●結果として役員が敗訴した場合。  ↓  役員は適切な職務を行っていなかったことが決定します。  つまり、この場合の訴訟関連費用は役員が個人的に負担すべき費用です。  ↓  会社が支払っているケースが多いわけですから、この場合や役員賞与となり、  損金算入はできないものと考えられます。

★株主代表訴訟で役員が訴えられ勝訴した場合

●結果として役員が勝訴した場合。  ↓  役員に落ち度はなかったことが証明されたわけです。  この場合には、訴訟関連費用を会社が負担することに合理性があります。  ですので、支払手数料等の科目で損金に計上しても問題ないでしょう。