支店を出したら税金増える??

支店を出したら税金増える??

  • ボスニアエストニアとの間で日用雑貨を輸出入しています。本店は東京ですが、近々湖西市に支店を開設する計画です。税金の額は変わるのでしょうか?

増えます!色んな税金に影響もあります!

                  簡単にブックマークできます→

★まず、最も大事なのは均等割です

●地方税均等割とは・・・  人的、物的設備があり、事業を行っている何らかの実態があれば、  支店所在地の都道府県及び市役所等に課せられる地方税です。  ↓  本店と支店が同じ都道府県→都道府県の均等割は増えません!  本店と支店が同じ市町村→都道府県も市町村も均等割りは増えません!  ↓  均等割の計算には本店・支店の各々の従業員数が必要です!  

★地方税の所得割や法人事業税はどうなるか・・・

●地方税所得割は全体で増加しませんが分割納付になります。  ↓  黒字会社は地方税の所得割が発生しますね。  支店があれば、所得割額を本店と支店で分割納付しなければなりません。  (分割基準は従業員数or事務所数)  ↓  法人事業税については、製造業とそれ以外で分割基準が異なります。

★償却資産税の扱いも要注意!

●償却資産税  ↓  支店にある償却資産に対する償却資産税は支店所在地の市区町村に納付  しなければなりません!  ↓  もっと言うと、資産管理を本店・支店別に行う必要がありますね!  

★源泉所得税の扱いも要注意!

●給与計算を本店一括で行っている場合(普通の中小企業はコッチ!)  ↓  支店がない場合と同じ処理方法!  つまり本店所在地管轄の税務署に全員分の源泉所得税を払えばOK! ●支店従業員については支店で給与計算を行っている場合  ↓  源泉所得税は給与支払事務を取扱っている事業所所在地管轄の税務署に納付。  ↓  会社全体で見ると納付合計額は同じです。  でも、支店毎に源泉所得税を納付しなければならないんですね!要注意です!