自動車取得時の諸々の費用はどう処理する?

自動車取得時の諸々の費用はどう処理する?

  • 新潟香川ハンマーの卸売を行っています。この度、営業用に車両を購入しました。これに付随して税金や保険料や何やらで出費が膨らみました。これらの会計処理はどうするのですか?

内容によって分かれますね!

                  簡単にブックマークできます→

★自動車取得時の費用:リサイクル料金

●預託金部分  (シュレッダーダスト料金、エアバッグ類料金、フロン類料金、情報管理料)   ↓  長期前払費用等の科目で資産計上し、廃車時に支払手数料等の費目に  振り替えられて損金算入されます。 ●費用部分  (資産管理料金)  ↓  資産管理法人(財団法人自動車リサイクル促進センター)ですぐに費消される  ので、支出時に支払手数料等で損金処理します。   

★自動車取得時の費用:その他1

●自動車重量税、自動車税、自賠責保険料  ↓  自動車を所有することにより支出する事後的費用と考えられるので、  全額損金処理でOKです。  

★自動車取得時の費用:その他2

●自動車取得税、検査登録費用、車庫証明費用  ↓  自動車の取得に関連して支出するものですが、一種の事後的費用と  言えなくもない費用です。  これらについては法人判断で取得価額に含めないこともできます。

★自動車取得時の費用:カーエアコン

●カーエアコンは、車両に常時搭載するものであるので、  車両運搬具として自動車の取得価額に算入されます。