固定資産税って間違ってることある?

固定資産税って間違ってることある?

  • スロベニアカスピ海周辺で貿易を行っています。日本には自社物件が多いのですが、毎年請求される固定資産税の額が明らかにおかしいように思うのです。こういう場合はどうしたらいいのでしょうか?

はい!あると思います!!

                  簡単にブックマークできます→

★地価には恣意性が非常に入りやすいです!

●土地の価格(地価)の算定は本当にバラバラです。  ↓  公示価格、基準地価、路線価はネットで情報を拾えます。  でも固定資産税評価額は各市町村に問い合わせするしかありません。  ↓  ちなみに、  公示価格を100とすると、路線価は80、固定資産税評価額は70と  いう目安があるようです。     ●公示価格とは・・・  全国の都市計画区域に選定した標準地の1月1日時点の価格を  毎年3月下旬に国土交通省が公表。  一般の人の土地取引や資産評価に利用され、最も時価に近い指標。 ●基準地価とは・・・  不動産鑑定士の評価を参考に7月1日時点の価格を毎年9月に  都道府県が公表。  (基準地価は都市計画区域外の林地も対象!)   ●路線価とは・・・  1月1日時点の市街地の街路の価格を毎年8月に国税庁が公表。  (相続税や贈与税の計算に活用する指標) ●固定資産税評価額  各市町村が1月1日現在の土地、家屋、償却資産の所有者に対し、  固定資産税評価額を基に課税する税金である。  固定資産税評価額は3年毎に見直しされます。

★固定資産税額はしっかり確かめるべき!?

●固定資産税は賦課課税です。  ↓  毎年送られてきた納付書に従ってそのまま納付するだけという  パターンがほとんどかと思います。  仮に間違っていたとしてもそのままになってしまう可能性が  極めて高いんですね。  おかしいなと思ったら市役所に指摘しまくりましょう。  ↓  そのときには事前に公示地価、路線価、固定資産税の3つの  情報をゲットしておく必要があります。  そんなときに、下記サイトはかなりお勧めです。  http://www.chikamap.jp/