設立時から退職金のことを考えておくべき?

設立時から退職金のことを考えておくべき?

  • キルギスシチリアを中心に食材を輸入する会社を設立しました。20年先の引退を考えていますが、今この時点から退職金については考慮して動くべきなのでしょうか?

生命保険を利用して退職金原資を作りましょう

                  簡単にブックマークできます→

★退職金の税金上のメリット①

●法人にとってのメリット  ↓  退職金は一般的に多額になるので法人税を考えると損金計上  メリットがあります。  ↓  但し、不相当に高額な部分は否認されるリスクがあるので  要注意ですね!  退職金額算定に関するコラムはこちらから  

★退職金の税金上のメリット②

●受け取る側のメリット  ↓  所得税法上、退職金用の所得控除があります。  分離課税されます。  所得税率も低く設定されています。  ↓  つまり、退職金は受取る側から見るとかなり優遇されてるんです。

★退職金の税金上のメリット③

●相続に関するメリット  ↓  死亡退職金は相続税ではみなし相続財産になりますが、非課税枠あり!  500万円×法定相続人数の非課税枠を使えるんですね!  ↓  また、退職金支給は一般的に株価をぐっと下げる効果がありますので  このタイミングで事業承継を行っていくのも有効です!