輸入通関の全体の流れを教えてください!

輸入通関の全体の流れを教えてください!

  • 酵素ゲノムの研究メーカーです。研究用の部材を海外から輸入することになりましたが手続がよくわからないんです。輸入通関の大きな流れを素人でもわかるように教えてもらえませんか?

よくある問い合わせです!

                  簡単にブックマークできます→

★輸入通関の全体の流れ

●海外からの輸入貨物が保税地域に搬入される。  ↓  保税地域を管轄する税関長へ輸入申告を行う。  ↓  税関検査が必要とされる貨物については、検査を受ける。  ↓  関税、内国消費税を納付。  ↓  輸入許可を受ける。

★輸入申告に必要な書類

●輸入申告書  輸入品名、数量、価格、輸入者情報、代理人名等を記載する。 ●インボイス  送り状ですね。  輸入者への発送貨物の明細書、請求書、納品書として機能、 ●運賃明細書  関税計算の上で必要な場合に提出する。 ●保険料明細書  関税計算の上で必要な場合に提出する。   ●包装明細書  関税計算の上で必要な場合に提出する。   ●原産地証明書  関税計算の上で必要な場合に提出する。   ●そのほか法令で必要とされる証明書、合格書等  関税計算の上で必要な場合に提出する。  

★輸入通関における3つの便利な制度

●事前教示制度  輸入申告前に、商品の関税分類や関税率等についての  照会を文書で行い、回答を受ける制度。 ●予備審査制度  貨物到着前or輸入関連手続終了前であっても、  輸入申告書類を税関に提出し、税関審査、検査要否の  事前通知を受けられる制度です。  スピーディに商品を受け取ることができるわけです。   ●特例輸入申告制度  セキュリティ管理とコンプライアンス体制が整備されているとして  税関長の承認を受けている輸入者は、輸入申告と税務申告を分離し  納税申告の前に貨物を引き取れる制度。  スピーディかつ低コストが実現します。