国民年金って意味あるの?戻ってくるの?老齢 障害 免除 後払 社会保険料控除

国民年金って意味あるの?戻ってくるの?

  • ステージ部品を製造する個人事業主です。国民年金を払ってますが、これって将来ちゃんと戻ってくるのでしょか?すごく不安なんですが・・

国民年金はいいことも結構あります!義務ですし・・

    


★国民年金って払うと得する?損する?

昨今、色んな人が色んな意見を言っています。 「自分たちの世代では貰えないと思う」 「税金を無駄に使いすぎているから貰えないでしょう」 なんて声を聞きます。 その可能性はゼロではありませんが国民年金は国家運営なので、 国家経済破綻まで起こらなければひっくり返ることはないと思われます。 厚生労働省の言い分は、国民年金は義務であって損得で計るべきではないと いうところのようです。でも、資本主義経済ではこんな理屈は通りません。

★国民年金の魅力1:国家負担がある!

民間の保険では難しいですが、国民年金には税金の補完があります。 25年間の支払い期間は求められますが、国民年金の国負担は現在1/2です。  

★国民年金の魅力2:老齢年金だけではない!

●国民年金は、老後の生活を保障する老齢年金だけではありません。 (ちなみに老齢年金は65歳になればもらえます。死ぬまでもらえます!) ●スポーツや事故によって残った障害に対する障害年金ももらうことができます。

★国民年金の魅力3:支払い免除の場合もある!

●保険料免除期間  収入が低い場合には、市町村に申請すれば保険料納付が免除される  制度があります。   ●学生納付特例期間  学生の場合、年間収入が227万円以下であれば、市町村への申請により  保険料納付を後払いにできる制度があります。  

★国民年金の魅力4:1年余分に払えば2万円多く戻ってくる!

●65歳からもらえる年金。終身でもらえる有難さがありますが、その金額は  保険料を払っている期間によっても変わってきます。  ざっくりですが、1年の保険料支払期間の違いで2万円の戻りの差になります。    <例>:80歳まで生きる人  サンプルA:25年間納付した人  サンプルB:26年間納付した人  →この場合、AさんとBさんの間には30万円(2万円×15年)もの差がつきます!   1年の差でもらえる額に30万円の差。1年間の保険料は18万円としてもお得感は   ありますね。

★国民年金の魅力5:少なく払う方法が存在する!

●前納制度です。  1年分をまとめて前払いすると、現在だと172,800円となり、3,000円ほど  お得になります。  

★国民年金の魅力6:全額社会保険料控除の対象です!

●これは結構大きなポイントかもしれません。 参考ホームページは年金事務所のホームページをご確認下さいませ。
大阪税理士事務所が編集・記載をしておりますが、実務上の責任は負いかねますため、 詳しくは顧問税理士までお問い合わせ下さい。