社会保険料算定の報酬の範囲はどこまで?標準報酬

社会保険料算定の報酬の範囲はどこまで?

  • 屋根の修理会社です。社会保険料を算定するための報酬にはどんなものが含まれるのでしょうか?所得税の報酬とはまた違うのでしょうか?

違います。社会保険独自の算定方法があります!

                 今後のためにこのページを保存 →

★社会保険料算定基礎として報酬となるもの

●基本給(月給、週給、日給) ●家族手当、住宅手当、通勤手当、食事手当、役付手当、職階手当、早出手当、  残業手当、皆勤手当、能率手当、生産手当、休業手当、育児休業手当、介護休業手当、  各種技術手当、特別勤務手当、宿日直手当、勤務地手当等   ●年4回以上支給される賞与     ●現物支給分  食券、社宅や寮、通勤定期券(回数券)等

★社会保険料算定基礎として報酬とならないもの

●労働の対象ではないもの  解雇予告手当、退職金手当、結婚祝金、災害見舞金、病気見舞金、  慶弔費、年金、恩給、健康保険の傷病手当金、休業補償給付、 ●臨時的性格のあるもの  大入袋、出張旅費  ↓  出張旅費ですが明確な規定の基に出張旅費として支払っていない場合、  つまり、給料の一部として支払われる場合は報酬に含まれます。  出張日当等も経費補填的な性格で臨時的であれば報酬に含まれませんが、  実質的に給料と見なされれば報酬に含まれると解されます。 ●年3回まで支給される賞与 ●現物支給分  食費(本人からの徴収額が標準の2/3以上の場合)  住宅(本人からの徴収額が標準以上の場合)  事務服、作業服等の勤務用の衣服