残業代ってどうやって計算するのですか?

戎橋の近くで飲食業を営む法人です。従業員からしっかり残業代の計算を行っているかという問い合わせが頻繁に来ています。そもそも残業代の計算方法ってどのようにすべきなのでしょうか?

大きくわけて3ステップでしょうか。

今後のためにこのページを保存 →


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ★残業代を払うべきとき ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●1日8時間、1週間40時間の法定労働時間を超えて働いた場合、  会社は残業代を支払う義務があります。  ↓  その計算方法は簡単ではありません。  いくつかのポイントがあるのでそこだけはしっかり抑えるべきです。  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ★残業代の計算方法 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

①時給計算     月給の場合は「月給÷1ヶ月の所定労働時間数」で計算します。  ↓  但し、家族手当、通勤手当、住宅手当等は控除してもOKです。  ↓  しかし、条件があります。    ◆家族手当について   扶養家族数によって金額が分けられている必要がありますが、どんなケース   でも一定額が支給されているような場合では、控除はできません!     ◆住宅手当について   家賃の何割負担等、金額に応じた取り扱いがなされている必要がありますが、   賃貸は●●円、持ち家は●●円だけの区別になっていたら控除不可です。         ②残業代の単価の計算  上記の時給に対して倍数を乗じて計算することになります。  ↓  ◆残業単価:時給×1.25  ◆深夜単価:時給×0.25  ◆休日単価:時給×1.35 ③残業手当の計算  最後のプロセスとして、②の単価に残業時間を乗じます。