法人設立後に行うべき届出書のダウンロードURL【税務関連編】

法人を設立しましたが、設立後にすべき届出は?

  • 法人を設立しましたが、税務署等に届出が必要だと聞きました。具体的にはどういった届出書の記載が必要なのでしょうか?

税務署・市町村・都道府県への届出が必要です。

                  簡単にブックマークできます→

★税務署へ届出すべき最低限の届出書

<一般的には以下の書類をまとめて税務署に提出します> ●法人設立届出 (登記簿謄本、定款コピー、株主名簿・社員名簿、設立時のB/Sの添付が必要) →国税庁からのダウンロードはこちらから  (文中からPDFデータへのリンクがあります)   ●青色申告の承認申請 (設立日後3か月経過日と第1期事業年度終了日のいずれか早い日の前日まで) →国税庁からのダウンロードはこちらから  (文中からPDFデータへのリンクがあります) ●給与支払事務所の開設届出 →国税庁からのダウンロードはこちらから  (文中からPDFデータへのリンクがあります)   ●源泉所得税の納期の特例兼納期の特例の特例の届出 (従業員10名以内) →国税庁からのダウンロードはこちらから  (文中からPDFデータへのリンクがあります)

★各市町村(区)への届出

●本店所在地の各市町村のホームページからダウンロードできます。 (一般的には登記簿謄本、定款のコピーが添付書類として必要です)

★都道府県税事務所への届出

●本店所在地の各都道府県税事務所のホームページからダウンロードできます。 (一般的には登記簿謄本、定款のコピーが添付書類として必要です)