源泉徴収制度と会社の義務について

源泉徴収しなかったらどうなりますか?

  • 転職理由書の作成代行会社です。外交員や外注営業マン等に対して源泉徴収をするのを忘れました。彼らが確定申告すれば何の問題もないのでしょうか?

会社の義務違反になります!

                 今後のためにこのページを保存 →

★源泉徴収制度

●会社は、給料等から所得税を引くことはあまり忘れません。  ↓  しかし、個人への外注費支払等に際して源泉所得税を引く必要があることを  結構ポカするケースはありますね。  ↓  本人が確定申告すれば、結果としては同じになります。  ↓  しかし、この場合でも会社は追徴課税を求められます。  源泉徴収すべき所得税を控除しなかったと言われて、  不納付加算税(徴収すべき額の10%)と延滞税が課せられるのです。   ●このケースは手続としてはかなり面倒です。  会社が国にいったん税金を納付し、国が外注先の個人と精算をします。

★源泉徴収の義務は会社にあるのです!

●法的には、 会社にだけが責任があります。  ↓  源泉徴収分を控除しなかった場合、全責任は会社にあります。  納付しなければ、通常と同じように会社の財産を差押えに来ます。  ↓  経営者としては少し違和感を感じるところです。  法律で定まったものなのでどうしようもありません。  個人への外注費の支払いの際には余裕を見て源泉所得税を控除  していくぐらいの気持ちがあるほうが安全だと思います。