クレジットカードの手数料は消費税上非課税になるの?

カード決済手数料と消費税の関係は?

  • 枚方寝屋川ろばた焼き店をやっています。カード売上が最近爆発的に増えてきています。この場合の手数料は消費税の課税仕入に含まれますか?

非課税なのでかなり要注意です!!

                 今後のためにこのページを保存 →

★クレジットカード売上が増加しています

●最近は、色んな代金をクレジットカード決済する人が増加していますね。  飲食代金や雑貨用品や本屋さんはもちろんのこと、電話・ガス・電気・水道等  といった生活関連費用でもカード決済可能になってきています。  ↓  いわゆるキャッシュレスになることで現金支払いよりも作業が少ないこと、  証憑を残しやすいこと、実際の支払いにタイムラグができること、カードに  付属するポイントがあること等がその主要因でしょう。  今後もカード決済は拡大の方向に向かうと思われます。  ↓  消費者にとっては魅力がいっぱいのカード決済も、販売店から見るとそんなに  喜んでばかりもいられません。カード決済による売上には必ず手数料が発生する  からです。取次ぎ会社によってその金額も異なりますが、一般的には売上金額の  5%~10%程度は必要と思われます。  

★クレジットカード手数料と消費税の関係

●売上獲得に必要なカード手数料は消費税の課税対象になると考えるのも  一理あります。  銀行の振込手数料は課税対象なのですから、同じように考えても何もおかしく  ありません。  ↓  しかし、実際はクレジットカード手数料は非課税仕入です。   ●例えば10万円の飲食代金をカード決済すると、店側は10万円の債権を取得します。  ↓  これを例えば、9万円でカード会社に譲渡して店側の処理はフィニッシュです。  ↓  店は、債権譲渡するという行為を行っただけなんですね。  ↓  消費税法では「債権の譲渡=非課税」です。  だから、クレジットカード手数料=債権の譲渡損なので非課税になります。