働いていない人に給料払うとダメですか?タイムカード・出勤簿

働いていない人に給料払うとダメですか?

  • 地盤調査を行っている会社です。知人の会社では、働いていない家族への給料が税務調査で指摘されたそうです。これはダメなことなのでしょうか?

ダメです!税務調査で調べられます!

    


★タイムカード・給与台帳・出勤簿・給与明細等の帳簿

●税務調査で求められる帳簿類  ↓  勿論ケースバイケースですが、年金手帳や厚生年金加入者一覧表、タイムカード  組織図、役職表、業務担当分けデータ等の提出が求められます。  ↓  誰がどういう業務を担当しているか、どれぐらいの労働をしているか、  そんな全体像を掴みにいくわけですね。  ↓  そして、不自然な点を同時に探します。  タイムカードや出勤簿の出勤時間が何日も同じだったり、空欄があったり。。  要は偽造されているかどうかを見てるんです。  ↓  小企業の実態としてタイムカードがない、日誌もないという場合も多いです。  こういうときは「ない」という事実が逆に疑わしさを増幅させますので、  こういった帳簿は残すようにしましょう。  

★架空社員はいないかどうかを調べる!!

●業務日誌、営業日報等の証憑  例えば、タイムカードはあるのに日誌はない従業員とか、  営業日報を書いていないのに給料を払っている営業マンがいるとか  架空従業員への給料の支払い等を探し出しています。  ↓  疑わしい従業員が出てくると、まずは会社に扶養控除申告書等の提出を  求めます。その上で市役所等へ問い合わせする場合が多いですね。  住民登録がなされているかとか住民税をちゃんと払っているかとか。    

★給料ではなく手数料で払っている人はいないか?

●会社の各従業員にヒアリングするケースも多い  ↓  働いていない人に人件費(給料等)の科目を使って計上すればツジツマが  合わせにくいですね。  そこで友人や家族へのお礼金(手数料等の勘定科目)でこそっと支払っている  パターンが実は結構あったりします。  ↓  こういうときには各従業員へヒアリングして疑わしい人の実態を探ります。