関係会社や子会社があれば税務調査は要注意?

関係会社があれば税務調査は要注意?

  • の調査会社を経営しています。関係会社があって取引が多いのですが税務調査では細かく見られるのでしょうか?

はい!かなり細かく理論武装しましょう!

    


★関係会社がある場合は税務調査で必ず突っ込まれます

●最近は小企業でも事業毎に会社を作ったりして、関係会社取引も増加傾向に  あります。社長が一人で5社持ってるなんてことも稀ではないですね。  ↓  このケース、税務調査時にはかなり細かく見られます。  理由は簡単で、関係会社間の取引は金額もタイミングも内容も実在性も  全部自由に決めちゃえるからです。  ↓  じゃあ、どうすればいいのかという点ですが、集約すると以下の1点です。  「関係性のない第三者の会社ともこの条件で取引を行うかという合理性がある」  かどうか。これだけですね。  これを外さなければ大きな問題にはならないはずです。  ↓  □取引の内容、実在性  □金額の妥当性  □取引のタイミング  この3つはしっかり意識しましょう。  

★具体的にどうすればいいか

●これは難しい問題ですね。取引毎に必要な証憑も異なってくるので。  汎用性の高いポイントは必ず抑えるようにしましょう。  「経済合理性があるかどうか」。これだけはずっと意識しましょう。   ●領収書や請求書や契約書等の普通ならあるべき証憑は存在するか?  第三者との取引であれば必ずありますよね。  これがなければ実在性すら疑われます。 ●例年の計上額より大きくなっているか?  例えば、関係会社のA社に今期はいっぱい売上げ売掛金が大きくなっていると  決算書を見ればその不規則性に気づかれます。  ↓  なぜ、今期は関係会社への取引が大きくなっているのか、という問いへの  答えを用意する必要がありますし、それを聞きたくて税務調査を仕掛けてくる  場合もあります。  決算書で大きな数字の変動がある場合は、「どうして?」という疑念を抱かせやすく  なってしまいます。もちろん、合理的な理由が説明できれば問題はありません。   ●重加算税リスクも考える!  税務調査で不正とみなされると重加算税が課税されます。  本税×35%(or40%)の税金が余分にかかってきます。  当然ですが、延滞税も必要になります。  どうしても関係会社があると、指摘の可能性が高くなるのでこのリスクも頭に入れる  べきですね。 ●税務調査の頻度が高くなる!  関係会社の存在が明らかになると税務調査の頻度が高くなることが多いです。