社長!税務調査の流れって知ってますか?

社長!税務調査の流れって知ってますか?

  • 牡丹鍋を主にする飲食店。先日税務署がいきなり来ました。税理士に連絡したけど電話に出ず、調べられてかなりの追徴税を要求されました。どうにかなりません?

知ってると得することが多いですよ!

    


★税務調査のスタート方法

●税務署が会社に電話をするところから始まります。  ↓  顧問税理士がいる場合には税務署が税理士に電話するケースが多いです。  そして、税理士・会社間で日程調整して、それを税務署に連絡して決定。  これが一般的な流れでしょうか。  ↓  但し、事前告知なしでいきなり訪問のパターンも稀にあります。  現金商売の場合が多いです。いきなり来て現金の確認から行う場合ですね。  この場合はまず顧問税理士に連絡しましょう。  「はいどうぞ。全部見て下さい」っていう税理士もいれば、  「税理士の許可なく入るな。出直して来い!」っていう税理士もいるようです。  全ては交渉になる感じですね。  

★税務調査のスパンはどれぐらいか?

●よほどの狙いがない限り3年に1回以上の頻度で来ることはないと思います。  理由は簡単で、1回の調査で3年前まで遡ることができるからです。  ただ、最近は5年、10年、税務調査が入っていないというケースも多々あるようです。  ↓  前回の調査で指摘事項が多かった会社や修正申告額が大きかった会社の場合は頻度が  高くなるケースもあります。これは単にもう1回行けばトレルと思ってのことかも  しれませんね。  

★税務調査官は何人で来るか?

●会社の規模によるので何ともいえませんが、1人or2人のケースが多いでしょう。  情報関連の会社では取引フローを知っている人間ということで情報専門官という  肩書きの人が加わったりします。  ↓  それほど会社の規模が大きくないのに3人超の調査官が来る場合は、結構本気です。  何かを掴んでいる可能性がありますね。      

★税務調査の日数

●会社の規模にもよるので何ともいえませんが従業員が数名~数十名の  いわゆる中小企業であれば2日が平均かと思います。  ↓  これを大幅に超えてくると、何かしらの問題を発見しそうな予感がある  というケースが多いですね。  ↓  ちなみ大抵の調査官は朝10時頃来て夕方16時には帰ります。  結構時間にルーズなイメージがあります。  

★税務調査はどうすれば終わりになるの?

●結論からいくと、税務調査官・税理士・会社の3社が納得すれば終わりですね。  ↓  指摘事項がない場合は何もなく終わりです。  指摘事項があって修正申告する場合も、修正申告をすれば終わりです。  ↓  しかし、稀に税務署の指摘事項に大して会社や税理士が納得しない場合もあります。  このときズルズルいくと、税務署から更正を受ける場合があります。  要は、税務署が修正税額を一方的に決定して会社に払えと言う権限的なものです。  (更正になるケースはかなり稀だと思いますが・・・)