税務調査を実施されやすい会社とは?

福島市の美容系メーカーです。税務調査に入られやすい会社の特徴はあるのでしょうか?

一般的にはあると言われています。

今後のためにこのページを保存 →


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ★税務調査のマメ情報 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●税務署は7月に人事異動があり20%~30%が異動されます。 ●税務調査は3~5月、8~12月の実施が多いです。 ●税務調査は3年~5年に1回が一般的。毎年税務調査が入る会社もあります。 ●税務署は法人を3つに分解します。  良好法人、中間法人、要調査法人の3つです。当然要調査法人は調査頻度が高くなります。 ●一般的には設立後3期目までは税務調査はなく4期目以降に実施されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ★税務調査の対象になりやすい法人 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●黒字の会社 ●急成長した会社 ●現金取引のある会社 ●経営者等の身内との取引が多い会社 ●経営者個人口座の動きが怪しい会社 ●決算書分析で異常値や大幅変動が見られる会社 ●同業比較で異常値が見受けられる会社 →特に中小企業で多いのが経営者及び同族関係者との取引の多さです。  経営者が自由に操ることができるような会社があって、そこが取引対象  として頻繁に登場するようでは、調査対象になりやすいでしょう。 →売上や利益が大きく伸びている企業も調査対象になりやすいです。  単純に規模が膨らめばミスも増えますし、税金を払う体力も増えます。 →そう考えると、やはりとりやすい会社から税金を取るという考え方を  していてもいいのかもしれませんね。