税理士事務所の特徴


東京整骨院


神戸

神戸市全域に対応しています

我々は神戸を中心とした関西全域及び中華人民共和国で活動を行う税理士事務所です。時代の変化とともに多くのビジネスのスタイルは変わるもので、それは税理士業界でも同じこと。まだまだ古い時代の名残が残るこの業界に革新の穴を開けるべく日々活動しています。

◇ 神戸市内の法人様:自社経理率90%以上
  記帳代行業務は多くの税理士事務所が行っていますが弊社ではまず自社経理をお勧めしています。
  自社経理は会社の成長の最大の近道です。かつ、税理士コストも下がります。
  そして何より会社の事を一番分かっている内部の人が処理を行うのが最もスピーディです。
  最初が肝心なので、スタート時点で何度か訪問してパソコンの前できっちり説明していきます。
  勿論、マンパワーや時間の不足で不可能な神戸の企業様も存在します。このケースの対応も万全です。

◇ 月次の顧問料を頂かないプランもあります
  月次顧問料は税理士業務の定番ですが、我々は顧問料ありor顧問料なしを選択頂いています。
  毎月のお付き合いを希望される神戸市のクライアント様もいればそうでもないクライアント様も。
  通信インフラがこれだけ整った昨今では毎月顧問料スタイルだけでは不十分と考えています。

当会計事務所の税理士報酬はこちら

税理士の選び方

現在、税理士や公認会計士はあふれ返っています。食えない会計事務所もいっぱあります。神戸だけではなく全国的にそうです。
そんな中で法人の方々は税理士を選ばなくてはいけません。
これは非常に難しいことです。
なぜなら、パンフレットやホームページを見ても、いきなり会ったとしても、個々の違いがよく分からないからです。
神戸に本社があるから神戸の会計事務所さんを探そうという理由だけでは物足りないですね。規模の大小だけで判断できないのは、どんな業界でも同じですね。
そうなればすごく難しいです。
「税金対策は完璧です」「誠実に対応します」「スタッフが多いのでノウハウが豊富です」「低価格で提供できます」「税務署対策はお任せ下さい」「神戸で最も大規模です」というような文言がほとんどです。
でも、これは税理士選びの決定要素にはなりません。
付き合いしてみなければ分からない仕事ですし、下手すると、長い付き合いを重ねても税理士選びが成功したかどうかなんて分からないかもしれません。
ですので、最後は「人」で選ばれることをお勧めします。
「なんとなく好きになれそう」とか「何となく話が合いそう」とかそういうレベルで判断されることをお勧めします。

税金対策

神戸や姫路等だけではなく日本では全国的に不景気です。その影響もあってか赤字企業が爆発的に増えている現状では税金対策の必要がないと考える経営者も少なくありません。
しかし、話はそんなに簡単ではありません。
利益に応じて支払う法人税がない場合でも消費税や所得税は常に考慮しなければなりません。
特に最近では、個人資産の海外移転・法人本社機能の海外移転を含めて、グローバルな資産管理が行われてきているものの、日本の法制度が追いついていない感があります。
日本の法人税率は世界でも3本の指に入る高さです。今後の展開によっては大きく変わっていくとしても、世界的な高水準を維持し続ける可能性は十分あります。
日本国内の法制度の変遷のみならず、海外の状況にも鑑みながら、より多くの資産を法人と個人に残すこと。
これが昨今求められる税金対策の根底にあると考えています。

<活動中心エリア:神戸市全域及びその周辺地域>

◇ 神戸市

垂水・舞子・須磨・長田・兵庫区・中央区(三宮・神戸元町・神戸花隈・春日野道・新神戸・ハーバーランド・神戸ポートアイランド・港島中町・大倉山)・灘区(王子公園・六甲道)、東灘区(摂津本山・甲南山手・神戸六甲アイランド)・北区(神戸箕谷・鈴蘭台・有馬・谷上・五社)・西区(学園都市・西神中央・伊川谷・板宿・大蔵谷・神戸玉津)


三宮