税理士事務所の特徴


お好み焼き


ラーメン屋・居酒屋・お好み焼き屋向けの税理士事務所です

関西の飲食店は、日本の構造的不景気や地震に加え供給過多の状態で経営的には厳しい店が多く見受けられます。
関西の飲食店の雄ともいえるラーメン・お好み焼き・居酒屋の三羽ガラスに活気が出なければ飲食業界全体の活気も取り戻せないと考えています。

弊社は専門ならではのノウハウを提供することでラーメン屋・居酒屋・お好み焼き屋の売上・利益の増大に貢献することを最大の目標にしています。

また、弊社は中国・上海に拠点を有しており、今まで中国に進出するラーメン屋・居酒屋・お好み焼き屋のサポート経験も行ってきております。これだけ国内市場が頭打ちになれば最終的には中国を含めたアジアへの展開を夢見る経営者が多い業界でもあります。 まずは国内での地盤を固め、余剰キャッシュで海外展開を目標にするようなラーメン屋・居酒屋・お好み焼き屋さんが登場するのを楽しみにしています。

飲食店

現金売上がメインになるので税務調査では狙われやすい

居酒屋にしてもラーメン屋にしてもお好み焼き屋にしても、クレジットカード売上や掛売上があるものの大部分は現金売上というお店が非常に多いのが現実です。現金管理の重要性は言うまでもありませんが売上除外が簡単に出来てしまうために税務調査では狙われやすい宿命です。
ある日突然税務署が店に来たというのは普通にあり得ます。もちろん、そのための対策は数多くあります。ベストは日々の管理業務が文句なし状態にあればいいだけのことです。
弊社では効率的で無駄のない経理処理を提案することで楽しながら適切な管理体制構築に向けたサポートを行います。

ラーメン屋・居酒屋・お好み焼き屋という業態について

日本独特の文化ともいえるラーメン屋・居酒屋・お好み焼き屋。しかし、競争は激しいです。雑誌やテレビで取り上げられて一時的にブームになったとしても熱狂的リピーターを一定数掴むまでは売上の安定には繋がりません。また、売上の安定の継続のためにはリピーターを逃さない状態で新規客をリピーターに繋げる努力が常に必要になります。
どのような飲食業でもそうですが、ラーメン屋・居酒屋・お好み焼き屋では特にこれらが必要になります。ラーメンやお好み焼きといったメイン一品で勝負する形態は海外ではそう見かけません。ビジネスリスクとしては大きいからです。
海外展開出来るほどのノウハウと味をストックして頂ければその後の展開を共に考えられる、そんなサポーターとして我々は存在したいと考えています。