税理士事務所の特徴


美容院・美容室・ヘアサロン


美容院・ヘアサロン・理容院向けの税理士事務所として活動しています

近年、美容院・理容院を取り巻く状況は厳しいものになってきています。
店舗数の増加に伴って、特に都会と呼ばれるエリアでは激烈な競争が繰り広げられています。

地方へ行くほど多くのキャッシュを生み出している美容室が多い現実。
当税理士事務所は、美容院・理容院様向けのサービス業務を行うことで、専門ならではのノウハウを蓄積しています。

最近はアジアへの展開を検討される美容院・ヘアサロン・理容院の経営者の方々に頻繁に接します。弊社は中国・上海に拠点を有しており、美容院・理容院のアジア展開の援助実績も豊富です。


上海への社員旅行
社員旅行や慰安旅行で上海に来て下さるクライアント様も激増しています。
マッサージや雑技団や中華料理等のスタンダードのみならず、ローカルの美容室やネイルサロン訪問、美容用品卸市場視察等のお手伝いも時間が合えばさせて頂いています。

美容院

複数店舗展開を目指すか一店舗でじっくりやるか

現金売上がメインの美容院・ヘアサロン・理容院にとっては、経理処理の無駄をいかにして減らすかは至上命題でもあります。また多店舗展開による大型経営を行うか、現状店舗の売上増加だけを目標にするか、この2つによって採用すべき戦略は大きく異なります。 勢いに乗って2店舗目を出店したことで業績が悪化し1店舗目の成功も全て水泡に帰したケースも多々あります。逆に1店舗だけに胡坐をかいたことで、その店舗の終焉が会社の終焉に繋がったケースもよくある話です。それは都会出店なのか地方出店なのかによっても大きく異なります。 これらの展開のサポートは弊社の最も得意とするところです。

労務管理は美容室の永遠のテーマです

美容室で働くスタイリストやアシスタントは元来の独立志向に加えて、過酷な労働環境・低めの賃金体系等から非常に退職率が高い職業でもあります。これを阻止するのは確かにオーナーの人間力なのかもしれません。 しかし、それだけで労働を続けるスタイリストやアシスタントが増加しているのも事実。より合理的なスタッフが増えているのです。 となれば、会社の損益状況を適時的確に全員にオープンにし給与体系や労務時間等の満足度を高めてもらう戦略も一手です。いずれにしても経営者が情報を公開しないことは現代美容院経営においては不利ではないかと考えています。

美容院経営者は会計や税務から離れようとしますが・・・

美容室・美容院の経営者は美容師業界一本で働き続けてきたこともあって、経営管理分野については苦手だと思っておられる方が多いのは事実です。でもそれは知らないだけであって、得手不得手とは異質なものだと感じています。 経営者としての才覚を有している方は、経営管理、すなわち、経理や税務や労務や資金繰り等といった分野でも知ってしまえば簡単に利用しているように思います。そのお手伝いを弊社が行えればこれ幸いです。

サロン