月次決算(貸借対照表・損益計算書)を作成する方法

月次決算(貸借対照表・損益計算書)を作成する方法

自社経理の醍醐味は、どんなタイミングでも決算書をアウトプットできる点にあるかもしれません。このページでは月次ベース等のタイミングで損益計算書・貸借対照表を出力する方法について説明します。 まずは、最上段中央にある「集計」→「残高試算表」→「月次・期間」をクリックして下さい。

給与計算


左上部で期間を選択できます(月次ベースでも、数ヶ月合計でも、全期間合計でも集計できます)。
左上には貸借対照表と損益計算書のタブもあり、これで両者を選択できます。

振替伝票


更に、損益計算書については月次比較が可能になっています。最上段中央にある「集計」→「残高試算表」→「月次・期間」を選んだ箇所に戻って、「月次・期間」ではなく「年間推移」を選択して下さい。左上のタブで、貸借対照表と損益計算書が選べます。特に有用なのは「損益計算書」ですので、こちらに注目してくださいね!

伊丹市

<参考情報>
弥生会計の月次決算を使いこなせれば、自社において月次損益の管理ができます。今月の利益はどうだとか、人件費が高いだとか、経費を結構使ってるとか、仕入の割合が高いとか、売上が低いとか、そういう分析が社長自ら行うことができてしまいます。 つまり、極端な話、月次決算分野においては税理士は必要不可欠な存在ではなくなるのです。