会議費による節税対策(1人当たり5,000円以下の飲食交際費)

会議費とは

 ●会議に関連して、茶菓や弁当等の飲食物を供与するために通常要する費用をいいます。
 ↓
 ●会社が事業関係者等に対して行う接待や供応や贈答等は交際費に該当します。
 しかし、通常会議を行う場所において通常供与される昼食の程度を超えない飲食物等の接待に
 要する費用は交際費ではなく会議費にできます。

会議費のメリット

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会議費と交際費の境界線
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●交際費になれば全額損金不算入です。
 (中小企業であれば年間600万円までは90%を経費にできます)。
 しかし会議費であれば、100%が損金算入可能になります。
 ↓
 ●交際費に該当する飲食費のうち1人当たり5,000円以下の飲食費については
 交際費ではなく会議費にできます。
 (但し、自社の役員や従業員の接待等のために支出する飲食費については金額を問わず交際費)
 ↓
 ということは一人あたり5,000円以下かどうかの判定を客観的にできる資料の保管が必要。
 (5,000円を税抜で判定するか税込で判定するかは会社の消費税の経理処理によります)
 具体的には、取引毎にこの会議費明細に記載してアウトプットして領収書と共に
 保管しておけばいいでしょう。
 ↓
 ●しかし、例えば、飲食店での飲食といってもクラブやスナック等の店で会議費となると
  社会通念上の違和感を覚えます。
  居酒屋等の普通の飲食店での会議であればそれほど抵抗はありませんが。
  このあたりは、会社としての社会通念や常識といったものから検討するしかありません。
  また業界の慣習等も加味する必要があるでしょう。
  医療業界(医師の方々)と広告代理店の経営者であれば、当然ですが会議の方法も場所も
  異なってくるでしょうから、法律で一概に縛っていないのもこのあたりに理由がある
  ものと思われます。