振替伝票の入力方法(給与の支払い)

振替伝票の入力方法(給与の支払い)

 
<注1>動画は解像度を720Pに設定し、右下のフルスクリーン(FullScreen)から大画面でご覧下さい。
<注2>次の動画をご覧頂く場合はこちらをクリックしてください。

<動画本文コメント>
●振替伝票を使う場合の典型として給料支払いと税理士報酬支払いの二つがあります。この二つの処理を掴めば後は何が出てきても対応できます。
●それではナビゲータ画面から「振替伝票」をクリック。まずは「給与の支払い」の仕訳をしましょう。
●右上の「伝票辞書」を開いて、その中の「給料の支払い」をクリックします。日付は4月30日と仮定します。
●左側は給与総額を入れますね。30万円としましょう。
●でもこれをそのまま全部支払うわけではありません、所得税が2万円、住民税が1万円、社会保険料が2万円としたら、それを全部控除してから25万円を支払いますね。
●例えばこの25万円を普通預金から支払ったとすると、まずは普通預金に25万円を入力します。このときにどこの銀行から支払ったのかを区別しないといけませんね。「普通預金」の下に「銀行名」を選ぶ補助科目があるので必ず選択しましょう。この場合は三井住友を選びます。
●その下の「預り金」所得税の欄に2万円、「預り金」住民税の欄に1万円、その下の「法定福利費」社会保険料の欄に1万円を入れます。
●これで右側の合計も30万円になり、左右一致しますね!
●ちなみに適用欄はカスタマイズしてくださいね。ここでは4月分の給料を佐藤真一さんに払ったとすると「4月分給与 佐藤真一分」としておきます。
●で、あとは右上の「登録」ボタンをクリックして終了です。このときに登録ボタンを忘れると保存できません!「振替伝票」のときだけは注意が必要です。これを毎月個人別に行ってくださいね。