未確定勘定を使えば不明点はパスできる!

未確定勘定を使えば不明点はパスできる!

 
<注>動画は解像度を720Pに設定し、右下のフルスクリーン(FullScreen)から大画面でご覧下さい。

<動画本文コメント>
●例えば、4月30日に車を買って預金から車のディーラーに30万円払った場合、通帳からは30万円が減っているので「預金出納帳」で預金が30万円減ったという処理をしますよね。
●でも、相手科目がどうなるか分からないときがたまにあります。
●この場合でも「車両運搬具」という科目を使うのか「消耗品費」という科目を使うのか、すごく悩んだりします。しかし、わからないからといってすっ飛ばすと、預金残高が合わなくなります。
●こういうときには相手科目に「未確定勘定」を使います。つまり、「相手科目が何か分からないから未確定なんだけど、預金額はちゃんと減らして預金残高を合わせました」という処理なんですね。
●弊社にデータを送って頂ければ未確定勘定を適切な勘定に振り替えますのでご安心くださいね。

<参考情報>
未確定勘定は非常に便利な項目です。この未確定勘定だけは赤字表記されます。 特に弥生会計に慣れていない方は勘定科目で悩まれたり調べたりするのに膨大な時間がかかり、これが原因で経理業務が嫌いになって外注するしかないと思いこんでいるようなケースもあります。 分からなければ何も考えずに未確定にして税理士事務所に任すぐらいの軽い気持ちの方がいいと思います。 それよりも通帳の残高を合わす、現金の残高を合わすといった現金預金の残高にだけ留意して頂くほうが経営管理業務としても有用ではないでしょうか。